楽天モバイル(MNO)の契約数が約450万に!2022年2月にはMVNOと合わせて550万を突破

楽天は2022年2月14日、「2021年度通期及び第4四半期決算発表・決算説明会」を開催し、その中で楽天モバイルの契約数にも触れました。それによると2021年12月の速報値にて楽天モバイル(MNO)の契約数は約450万、2022年2月時点でMVNOと合わせて550万契約を突破したとのことです。

楽天モバイル
公式サイトはこちら >

2021年12月で約450万契約

発表によると「1年無料キャンペーン」の終了後も着実に契約数を増やしており、2021年9月時点で411万(確定値)、2021年12月時点で450万(速報値)となっています。

MVNOと合わせると2021年12月時点で537万、2022年2月では550万を突破したとのこと。

MNPの比率が増加、業績は22年Q2より回復の見込み

契約の内訳を見ればMNPの割合が以前よりも増加。MNP契約者はARPU(1契約あたりの売上)が高く、解約率も低いことから業績向上に貢献すると思われます。

課金対象のユーザーやデバイスの売上が向上していますが、ネットワーク関連費用の増加などもあり営業損失は更に増えています。

1年無料キャンペーンの期間も終わり、ローミングエリアも順次楽天回線へと切り替わり費用が減り、赤字のピークは2022年Q1がピークとなる見込み。Q2以降で業績回復の見込みとのことです。

楽天モバイル
公式サイトはこちら >

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧