ドコモ、らくらくスマートフォン F-52Bとあんしんスマホ KY-51Bを2月24日発売

NTTドコモは2月14日、わかりやすく使いやすい「らくらくスマートフォン F-52B」および「あんしんスマホ KY-51B」をともに2月24日より発売すると発表しました。先立って2月16日よりドコモオンラインショップでの事前予約受付を開始します。

らくらくスマートフォン F-52B

らくらくスマートフォン F-52Bはシリーズ初の5G対応で、AI自動シーン認識機能と2眼カメラを搭載しました。あやしいサイトから身を守る「フィッシング詐欺警告機能」新たに搭載し、電話帳未登録の連絡先から着信やメールがあると、事前に教えてくれる「迷惑電話・メール対策機能」もあります。

また、はじめてスマホの方の使いこなしをサポートするガイド本が付属し、動画や自宅訪問で使い方を教えてくれる「らくらくコンシェルジュ」、ボタンを押すだけの専用電話「らくらくホンセンター」で相談もできます。

OS Android 11
CPU Snapdragon 480
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大1TBまで)
ディスプレイ 5インチ 1080×1980 (FHD+) 有機EL
メインカメラ 約1310万/1.8
約190万/2.4
フロントカメラ 約810万/2.0
バッテリー 3400mAh
サイズ 約143 × 70 × 9.3 mm
重量 約153g

あんしんスマホ KY-51B

あんしんスマホ KY-51Bは、やさしい操作性と充実の機能を特長とした京セラ製のスマートフォンです。片手でも持ちやすく、操作のしやすい縦長の約6.1インチのディスプレイを搭載し、携帯電話と同じようにボタン操作で便利に使える電話ボタンを搭載します。

また、通話終了時に、その内容を通話開始から最大60分間録音できる通話後録音に対応しているので、うっかり大事な内容を忘れてしまった時でも便利に活用できます。

OS Android 11
CPU Snapdragon 480
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大1TBまで)
ディスプレイ 6.1インチ 1080×2400 (FHD+)
メインカメラ 約4800万/1.8
フロントカメラ 約800万/2.0
バッテリー 4500mAh
サイズ 約161 × 71 × 8.9 mm
重量 約171g

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧