realme Band 2とMiスマートバンド6、どちらをメインのスマートバンドにしていこうか

昨年末にrealme Band 2を先行体験モニターとしてしばらく使い、レビュー記事を書きました。

realmeのスマートバンドは初めて使いましたが、思ったよりも良くできており「あれ?これもしかしてメインのスマートバンド(Miスマートバンド6)を置き換えてもいいのでは?」と思いました。

最終的には、このままMiスマートバンド6を使っていこうとおもったのですが、そこに至るまでの比較してみたものを書いていきます。かなり個人的な事情も入ってますが、どちらを選ぶのか参考になれば幸いです。

価格帯は同じくらいのスマートバンド

どちらもだいたい5,000円から6,000円で販売されています。realme Band 2の方が若干安いか?くらいです。Miスマートバンド6はセール対象にもよくなるのでそういうタイミングで買うのがいいでしょう。

realme Band 2は画面が大きい

パッと見の画面の大きさはrealme Band 2の方がかなり大きいです。主に横幅の差ですね。上の写真は同じ画像ファイルをウォッチフェイスに使ったものです。miスマートバンドはかなり狭そうです。

ベゼルが太いのはどちらも同じなので、まぁそれを活かしたウォッチフェイスにしたほうがいいと思います。

ただ、実は通知で表示される文字数はあまり変わらないか、むしろMiスマートバンド6の方が多かったりします。realme Band 2は横6文字なので横5文字のMiスマートバンド6よりも読みやすい、というのはあります。

realme Band 2は過去の通知も確認できる

Miスマートバンド6の不満点としてあったのが「スマホ側で通知を消すとバンド側でも消える」というものでした。まぁスマホで確認して消したのだからバンドに残ってる必要もないと言えばそうなんですが。realme Band 2のようにバンド側に保存されてあとからでも確認できたほうが便利です。

替えのバンドストラップの差

Miスマートバンド6はこれまでの5のバンドも同じなので使えます。専用のバンドになりますが、公式以外からもかなりの種類が出てます。めちゃくちゃ安いのからそれなりのお値段まであるので悩ましいくらいです。

realme Band 2は普通の時計の18mm幅のバンドストラップが使えます。なので、使える種類や手に入りやすさではMiスマートバンド以上ではないでしょうか。

歩数や睡眠の精度は

睡眠や歩数の精度は、どちらも十分だと感じます。何が正しいのかは別として、突然おかしな値が出ることもないですし、ちゃんと毎日納得できる値が出てます。比較するとrealme Band 2のほうが歩数が多くなるのですが、どちらが正確かというのはあまり重要ではないと思ってるので(絶対的な数値よりも相対的な変化を気にしたほうがいいという考え)検証はしてません。

アプリはMi Fitの方が好き

管理アプリはどちらも悪くない程度にしっかりしてるので好みでいいと思います。Miスマートバンドは『Mi Fit』と『Xiaomi Wear』と2つあって、データの共有や移行ができないという問題がありますが…。

それで、好みで言えば私はMi Fitの方が好きです。まぁ今までずっと使ってきましたからね。

さらに、私はXiaomiの体重計も使っていて、その記録もMi Fitで確認しています。それを考えるとわざわざ歩数などをrealmeで分けてしまうのは面倒です。

まとめ:私はMiスマートバンド派

こうした個人的事情から、私はMiスマートバンドを使い続けたほうがいいという結論になりました。

まだスマートバンドを使ったことがない人が新しく選ぶのなら、まぁどちらでもいいと思います。画面の大きさや見やすさから選ぶのがいいでしょう。通知で横5文字と横6文字は意外と見やすさが変わります。たった1文字の違いなのに。

こうして揺れるくらいには、realme Band 2はよくできていると思います。できれば実機を触ってみたり、知り合いで使ってる人に見せてもらったほうが良いですね。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧