OPPO、さらに進化した睡眠モニタニングのスマートウォッチOPPO Watch Freeを発表

OPPOは12月3日、スタイリッシュなデザインで睡眠モニタリングなどのさまざまな健康管理機能を備えたスマートウォッチ「OPPO Watch Free」を発表しました。価格は9,980円で、AmazonやOPPO公式楽天市場店、OPPO公式PayPayモール店にて予約開始、12月10日より販売開始です。

メーカー希望小売価格は9,980円ですが、Amazonでは8,982円でさらに10%引きクーポン(12月24日まで)で8,084円、OPPO公式楽天市場店では12月9日まで予約限定クーポンで20%引きの7,984円で購入できます。

睡眠モニタリング機能がさらに強力に

OPPO Watch Freeの睡眠モニタリング機能は、就寝前・睡眠中・起床後の3段階で睡眠をサポートします。睡眠中の記録は、心拍数、レム睡眠をモニタリングするほか、いびきモニタリングとリアルタイム血中酸素レベル測定機能を搭載。起床後は、睡眠やいびきの状態を詳細にレポートします。

約1.64インチの大画面

OPPO Watch Freeののディスプレイは約1.64インチの大画面です。スマートバンドよりも大きくて見やすく、正方形型のスマートウォッチよりも細くスタイリッシュな、ちょうどいい大きさです。

有機ELによる色鮮やかな表示で、約1670万色の繊細な表現力を発揮します。

文字盤は40種類以上用意され、自分のお気に入りの写真も設定できます。また、AIコーディネートという面白い機能があります。この機能はスマートフォンでその日の服装を撮影すると、AIが文字盤のパターンを自動生成します。服装に応じて時計を変えるように、OPPO Watch Freeもファッションアイテムとして着せ替える感覚で文字盤を変えられます。

バッテリーは最長14日間

バッテリーは230mAhで最長14日間使用できます。約75分でフル充電ができ、わずか5分の充電でも1日中使えます。利用する機能を増やせば持続時間は減っていくでしょうけど、最長でこれだけもつのなら、良さそうです。

メーカー希望小売価格は9,980円ですが、Amazonでは8,982円でさらに10%引きクーポン(12月24日まで)で8,084円、OPPO公式楽天市場店では12月9日まで予約限定クーポンで20%引きの7,984円で購入できます。

参考情報

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧