Pixel 6の指紋認証が遅い理由はセキュリティの検証に時間がかかるから

Googleは11月7日、Pixel 6の指紋センサーが認証までに時間がかかる(遅い)ことについて、TwitterのMade By Googleアカウントにて回答しました。

この回答によると、Pixel 6の指紋センサーには強化されたセキュリティアルゴリズムが使われており、これによる検証のために時間がかかってしまうとのことです。

強化されたセキュリティアルゴリズムで時間がかかる

この説明はTwitter上にてPixel 6に関する内容に回答する形で行われています。上記ツイートを日本語に訳すと以下のようになります。

Pixel 6の指紋センサーは、強化されたセキュリティアルゴリズムを利用しています。場合によっては、これらの強化された保護機能により、確認に時間がかかったり、センサーへのより直接的な接触が必要になったりすることがあります。トラブルシューティングの手順をお試しください。https://goo.gle/36GYhYB

セキュリティのために時間がかかってしまうのなら仕方ないような気もしますが、今後のアップデートで改善して欲しいところですね。

また、上記ツイートでも書かれているトラブルシューティングでは、指紋がスキャンされない理由として以下のようなことが書かれています。

  • 屋外の明るい日差しの下でのロック解除
  • スマートフォンがスリープ状態で指紋認証センサーを利用できない
  • 画面保護シートに関する問題
  • 指紋認証センサーが指紋を読み取れない

たしかに直射日光下などでは失敗することが多かったですね。そういうときは、指紋認証センサーをしっかりと長押しながらセンサーを覆うといいようです。

また、画面がオフの状態では指紋センサーは機能しません。ここでワンタップすれば画面が付きますがそれも面倒。そういう場合は設定のディスプレイロック画面時間と情報を常に表示をオンにすれば、指紋センサーも常に表示されます。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧