Fire TV Stick 4K Maxを購入!Maxではない4Kからの買い替えは微妙…だけど今なら安い!

ブラックフライデーでAmazonのFire TV Stick 4K Maxが3,980円と安くなっていた(通常価格は6,980円)ので購入しました。

Fire TV Stick 4K MaxはHDMI対応のディスプレイに挿して、簡単にYouTubeやNetflix、dアニメストアなどで映画や動画を大画面で楽しめるデバイスです。日本では2021年10月7日より発売されたもので、Fire TV Stick 4Kの後継となるものです。

私は2020年4月にFire TV Stick 4Kを購入しており、今回はそこからの買い替えとなります。Fire TV Stick 4Kと比べてどうなのか、買い換える価値はあるのか、簡単にレポートします。(まだ使って2,3日ほどなのでファーストインプレッション的なものです。)

外観はほとんど変わらない

上に乗ってるのが4K Maxで、下が以前から使っていた4Kです。ロゴがAmazonのものからFire TVのものに変わってる以外に違いはわかりません。大きさは同じです。重量は53.6gから48.4gに軽量化しているようですが、ディスプレイに挿しっぱなしになるのであまり関係ないでしょう。

電源用のUSBもmicro USBのままです。挿しっぱなしになるのであまり関係ないですけど。

大きく変わったのはリモコンです。右が以前のもので左が4K Maxに付属するものです。このリモコンは無印のFire TV Stick(第3世代)にも付属されてるもので、単品でも購入できます。

ミュートボタンが音量+の横に移動し、逆側に番組表ボタンが追加。そして下の方に「Prime Video」「NETFLIX」「DAZN」「amazon Music」が起動できるボタンが追加されました。

上のアレクサボタンにも色が付きましたけど、下方のこの各コンテンツのボタンがカラフルになり、なんともごちゃごちゃしたリモコン感があります。

それぞれのサービスを使っている人なら便利なのかもしれません。ただ、ほかのメディアの記事では電源オフ状態からこのボタンで直接そのサービスが起動する、というのもありましたが私の家のディスプレイではできませんでした。機器によるのでしょう。その代わり、これらのボタンを押してから電源ボタンを押すとホームを飛ばして各サービスが起動します。

Wi-Fi 6対応

従来の4Kと比べて違うものの1つが「Wi-Fi 6対応」です。これに対応したおかげでより高速に通信できる…のですが、私の場合は元の回線(ドコモのhome 5G)が有線でもそこまで速くないのであまり違いは感じられません。(home 5Gのルーター「HR01」は一応Wi-Fi 6対応です)

従来より40%パワフルに

CPUやGPUはパワーアップしており、「従来機種よりも40%パワフル」になったといいます。

実際、使ってみるとレスポンスがよくなったのがわかります。各アプリの起動やコンテンツ内でのカーソル移動がこれまでに比べ軽くなったように感じます。40%という数字にはそこまで期待しないほうがいいですけど。

一応、スペック的な比較は以下の通り。


Fire TV Stick 4K Max

Fire TV Stick 4K

Fire TV Stick
サイズ(HDMI端子含まず) 99 mm x 30 mm x14 mm 99 mm x 30 mm x14 mm 86 mm x 30 mm x 13 mm
サイズ(HDMI端子含む) 108 mm x 30 mm x 14 mm 108 mm x 30 mm x 14 mm
重量 48.4g 53.6g 32.0g
プロセッサ クアッドコア 1.8GHz
MT8696
クアッドコア 1.7GHz クアッドコア 1.7 GHz
メモリ 2GB 1.5GB 1GB
GPU IMG GE8300 IMG GE8300 IMG GE8300
ストレージ 8GB 8GB 8GB
wifi 802.11a/b/g/n/ac/ax
(Wi-Fi 6対応)
802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth 5.0 + LE Bluetooth 4.2/5.0 BLE Bluetooth 5.0 + LE
出力 2160p、1080p、720p、最大60fps 2160p、1080p、720p、最大60fps 1080p、720p、最大60fps

Fire TV Stick 4Kから買い換えるべき?

Fire TV Stick 4K MaxはFire TV Stick 4Kの後継機だけど、買い換えるほどのものなのか?2,3日使ってみた限りでは、「買い替えの必要はなかったなぁ」というのが正直なところです。

たしかにレスポンスは良くなっていますが、劇的に変わるというほどではないので、以前のFire TV Stick 4Kによっぽどの不満がなければ買い替えの必要はないと思います。まぁ私はセールで安かったから買ったのですけど、安くなっていなかったら買い換えないほうがいいと思います。

Fire TV Stickからは出力サイズなども違うので買い替えはアリだと思いますけどね。Amazonブラックフライデーで3,980円、この価格ならFire TV StickよりFire TV Stick 4K Maxを選んだほうが幸せになれると思います。

 記事をツイートする  記事の反応を見る
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、現静岡市清水区在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧