Android 12のイースターエッグはMaterial Youのバブル表示とウィジェット

2021年10月にリリースされたAndroid 12にも隠された機能、イースターエッグがあります。Androidには2.3の頃から毎回「設定内のAndroidバージョン表記を3回タップ」という起動方法があり、Adroid 12でも同じ起動方法でできます。

今回はMaterial Youのカラーを使ったバブルの表示とウィジェットが用意されています。

イースターエッグの起動方法

Androidのイースターエッグはバージョンによって異なりますが、その出し方は共通しています。

バージョンや機種によって道のりは多少異なりますが、システム設定のデバイス情報の中にあるAndroidバージョンを3回ほど連続でタップすると起動します。

歴代のイースターエッグについては以下の記事をどうぞ。

Android 12のイースターエッグ

Android 12では、class=”mitem”>Androidバージョンを3回ほど連続でタップするとまず時計が表示されます。

この時計は指で針をぐるぐる回せるので、12時になるようにセットします。

すると中に12と書かれた大きな丸と、その周りに大小様々なバブルが描かれます。このバブルの色は壁紙(Material Youのカラーパレット)と連動しています。

この画面にこれ以上の仕掛けはなく、たんにMaterial Youのカラー変化のデモンストレーションのようなものです。

カラーパレットのウィジェット

先述の大きな12を出したあと、ホーム画面に戻るとウィジェットのリストに「Android S Easter Egg」のウィジェットが追加されています。「Paint Chips」という名前で1×1サイズのウィジェットです。

ホーム画面に設置すると「Ai-500」のような記号のついた四角いものが表示されます。これをサイズ変更で広げると、表示されるカラーが増えていきます。

タップすると画面全体に広がります。これはそう、現在のMaterial Youのカラーパレットです。色は変わればこの配色も変わっていきます。

このたくさんあるカラーの1つをタップすると、そのカラーのRGBカラーコードを共有できます。いや共有してどうすんの?と思うかもしれませんが、共有できるんです。

まとめ

というわけで、Android 12のイースターエッグはMaterial Youのカラーにフィーチャーしたものでした。これまでのAndroidであったゲームでも実用的なものでもありませんが、Material Youを理解するのにちょうどいいのではないでしょうか。

ちなみに、一度イースターエッグを呼び出してウィジェットも選択できるようになると、逆にそれをリストから消す方法が(まだ)わかりません。いろいろキャッシュを削除してみたりしたのですが、ウィジェットのリストに残り続けています。あっても困るほどのものではありませんが、消えないかもしれないと覚悟して呼び出してください。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧