Twitter、ツイートの会話に広告を挟み込むテストを開始

Twitterは10月14日より、ツイートの会話中に新しい広告フォーマットを挟み込むテストを始めるとレベニュープロダクトリーダーの@bruce.falck()氏が発表しました。これはiOSとAndroid版のTwitterの一部で行われます。

会話中に広告を挟み込むテスト

これによると、広告はツイートの下の1回目、3回目、または8回目の返信の後に表示されます。例として表示されているものは画像も小さなプロモーションツイートで、基本的には広告主の広告となります。

ただ、ここにクリエイターと広告主のインセンティブを調整するチャンスがあるといい、ツイートの作成者やクリエイターの報酬になる方法についても模索したいとしています。

バズったツイートにツイート主が宣伝をリプライでつなげるという文化もあります。それを公式の広告に取られてしまう形になるのか、ツイート主に還元されるような仕組みになるのか、このテストの行方にも注目ですね。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧