楽天モバイル、10月より23の道県でauローミングを順次終了へ!合計39都道府県でパートナー回線から切り替え

楽天モバイルは10月4日、自社回線によるサービスエリアの拡大に伴い、国内のパートナー回線エリアを自社回線によるサービス提供へ切り替えていくと発表しました。

これまでも東京・大阪・奈良の一部でパートナー回線が順次終了といったものがありましたが、2021年4月1日より、そして2021年10月1日より、その対象となる地域が順次増えていきます。

パートナー回線から自社回線へ順次切り替え

過去のものも含め、パートナー回線から自社回線へ切り替えが進められている都道府県は以下のとおりです。

ローミング切り替え開始時期 対象都道府県
2020年4月1日より
順次切り替え
東京都

※東京都(一部地域を除く)については、2021年3月末に原則切り替え済み

2020年10月1日より
順次切り替え中
大阪府、奈良県

※大阪府(一部地域を除く)については、2023年3月末にかけて原則切り替え予定

2021年4月1日より
順次切り替え中
宮城県、埼玉県、千葉県、神奈川県、新潟県、静岡県、愛知県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、広島県、愛媛県、福岡県

※千葉県、神奈川県については、2022年3月末にかけて原則切り替え予定
※埼玉県、愛知県、滋賀県、兵庫県については、2023年3月末にかけて原則切り替え予定

2021年10月1日より
順次切り替え中
北海道、青森県、秋田県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、富山県、石川県、福井県、長野県、岐阜県、三重県、鳥取県、岡山県、山口県、徳島県、香川県、佐賀県、熊本県、大分県、宮崎県、沖縄県

※茨城県、栃木県、群馬県、富山県、石川県については、2023年3月末にかけて原則切り替え予定

市町村単位のより詳しい地域については、KDDIの「楽天モバイル向けローミングサービス提供エリア」のページをご覧ください。

2021年10月以降、楽天モバイル利用の際に、電波がつながりづらいなどの不便が生じた場合、問い合わせ先に連絡するように案内が出ています。個別に状況を調査したうえで、スマートフォンの一時貸し出しなどの対応がされます。また、影響の出る可能性があるエリアに居住する方に対しては、2021年9月中旬より案内を開始しているとのことです。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧