povo2.0の #ギガ活 やってみた!これは生活が変わるかも!?とりあえずエントリーしておいて損はなし

9月29日から始まったauのオンライン専用ブランドpovo2.0には「#ギガ活」という街の様々なお店で買い物することでデータ通信量がもらえる制度があります。(買い物以外でもあるようですが、現時点では基本的に買い物が主です。)

実際にエントリーして買い物し、データ量をもらって適用までやってみました。実際に使ってみると、たしかにこれは普段の買い物も変えてしまうと感じました。なかなか恐ろしい活動です。

povo
公式サイトはこちら >

#ギガ活でもらえるデータ量と対象店舗

#ギガ活では日常で利用する店舗でギガを「もらう」、街中やバーチャルイベントなどに隠れているギガを「さがす」、抽選などでギガが「あたる」という3つの取り組みがあります。

ただ、2021年10月7日時点では買い物で「もらう」のみが始動してる状態です。対象店舗によって条件は異なり、もらえるデータボーナスとその消費期限は以下の通り。

データボーナス データボーナス消費期限
※コード利用開始以降
300MB 3日間
1GB 7日間
3GB 30日間

もらったデータを使用するタイミングは自分で選べます。(期限は一応あり)

現時点でギガがもらえる具体的な対象店舗は以下の通り。

au PAYの利用でもらえる

店舗・サービス (五十音順) 条件 データ容量 (有効期間)
ウエルシア 500円以上の購入 300MB (3日間)
カインズ 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
コナズ珈琲 500円以上の購入 300MB (3日間)
すき家 500円以上の購入 300MB (3日間)
ドトールコーヒー 500円以上の購入 300MB (3日間)
はま寿司 500円以上の購入 300MB (3日間)
ビッグエコー 500円以上の購入 300MB (3日間)
ヒマラヤ 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
ベイシア 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
丸亀製麺 500円以上の購入 300MB (3日間)
menu 500円以上の購入 300MB (3日間)
ローソン 500円以上の購入 300MB (3日間)

一定以上の購入・利用でプロモコードがもらえる

店舗・サービス (五十音順) 条件 データ容量 (有効期間)
銀座deフットサル 500円以上の購入 300MB (3日間)
ザファーム 7,000円以上の購入 3GB (30日間)
サロモン 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
BANANA STAND 500円以上の購入 300MB (3日間)
Plywood 2,000円以上の購入 1GB (7日間)
Brooklyn Roasting Company 500円以上の購入 300MB (3日間)
三島スカイウォーク 500円以上の購入 300MB (3日間)
夢を語れ 札幌 900円以上の購入 300MB (3日間)
Reebok 2,000円以上の購入 1GB (7日間)

わりと身近な店があるのではないでしょうか。各店とも、無理せず「そこに行けばそれくらい使うなぁ」という程度でもらえてしまいます。毎日ローソンで500円の買い物すれば、30日で9GB分のボーナスが貰えてしまいます。3日1回でも3GBです。

#ギガ活、やってみた

さっそく実際に#ギガ活してみました。

事前準備

#ギガ活はpovo2.0を契約した上で、サイトもしくはアプリからエントリーが必要です。#ギガ活のページから詳細を確認してエントリーしましょう。

また、対象の店舗でau PAYで支払いすることでデータ量がもらえるので、そちらの登録も必須です。

対象店舗で買い物

一度エントリーすれば、あとは対象店舗でau PAYを使って買い物するだけです。私はウエルシアで食料などを買っているのでそこで使いました。

わりと2,000円分くらい買い物することが多いのですが、残念ながらウエルシアは「500円以上で300MB」です。1日の制限があるわけではないので2回に分けて購入などすればいいのですが、流石にそこまでやるのは面倒です。

プロモーションコードが送られてきた

実際に買い物したのは10月4日の夜で、プロモコードが送られてきたのは10月6日の夕方でした。一応「対象のay PAY決済日から約1週間後」に送られることになっているようですが、意外と早かったですね。また、今回は1件のみですが、期間中に複数の対象決済があった場合は、1つのメールにまとめて送られてきます。

利用開始期限は11月15日(コード送付から30日前後)になっており、プロモコードを入力してから3日間・300MBまで使えます。

プロモコードを入力

povo2.0アプリの一番下にプロモコードというボタンがあるのでタップします。

メールからコピーしたコードを入力します。利用するをタップして完了です。

トップページに戻って再読込するとデータ残量がちゃんと約0.3GB増えてました。詳細な内訳を見てみると、「データボーナス300MB(3日間)」と書かれています。有効期限については、3日後の23時59分までのようですね。

24時間使い放題が「当面の間」24時間後の日付の23時59分までとなっていましたが、ギガ活のほうの期限が3日間=72時間ではなく3日後の23時59分なのは「当面の間」なのかどうかは記載が見つかりませんでした。

その他注意事項

  • データ消費は、データボーナス→データトッピングの順番となります。なお、データボーナスを追加しても、データトッピングのデータ消費期限は合算されません。
  • データボーナスの利用開始期限は、プロモコード送付日から30日前後です。
  • 特典の転売、あるいは第三者へ譲渡は禁止されています。

今回の私はまだ期限24日間で2.65GBのデータが残っていましたが、そこでプロモコードを追加してももともとの期限24日間は変わりません。また、プロモコードでもらったデータボーナスから消費されるので、できれば通常のデータチャージが切れたタイミングでプロモコードを使うのが良さそうです。

また、コードの転売等は禁止されています。mineoのパケットギフトは売買されてるものもありますが(明確に認めてるわけでもないが…)povo2.0では禁止です。

コードをどう管理する?

プロモコードのメール受信から適用まではかんたんにできます。ただ、適用させるタイミングはよく選ばないと無駄になってしまいそうです。そうなってくると、このプロモコードの管理も方法を考えたほうが良さそうです。

Gmailのラベルで管理

プロモコードはメールで来るので、Gmailのラベルで管理する方法があります。送信者や「【povo】#ギガ活 プロモコードのご送付」という件名で自動振り分けされるように設定しておき、コードを適用したらラベルを剥がすなりメールを削除すればOKです。

…が、期間中に複数の買い物をするとコードがまとめて送られてくるようです。こうなると、そのメール内のコードでどれを使ったのか使ってないのか、わからなくなります。

todoアプリやショッピングリストを使う

todo系のアプリや、Googleのショッピングリストを使うという手もあります。

メールからコードを転機しなければならないという面倒さはありますが、使ったあとはサッとスワイプして削除できます。

ただ、やはり登録が面倒ですね…。

メモアプリを使う

単純にメモアプリなどでコードをメモしておいて、使ったら消すというのも良さそうです。

#ギガ活は終了日未定ですが「キャンペーン」扱いのようです。そうするとこの管理のためにアプリの機能を拡充したりするのはあまり望めないでしょうか。

なにか良さそうな方法があれば教えてください。

#ギガ活はけっこう生活を変えるかも

買い物でポイントが貯まるというのは今までもよくありましたが、せいぜい1-3%のポイントでした。しかしpovo2.0は500円で300MBです。チャージの価格というわけではなく、普段の買い物でそれが貯まるというのは魅力的です。

私の家は徒歩30秒でコンビニがあるのですが、そこはミニストップです。400m先にローソンがあるので、今日の昼ごはんはわざわざローソンに行ってau PAYで支払ってきました。まんまと乗せられた形です。しかし300MBは自分を動かすには十分だったようです。

povo2.0はデータチャージ等の期限が切れてから180日間ほかのチャージ等がないと解約になってしまう(事前通知あり)ので完全に無料にはできませんが、3日1回500円の買い物で3GB貯まると考えるとかなり0円に近い運用ができる気がしてきます。

これまではau PAYも使ったことがなかったのですが、今後はローソンやウエルシアに行くときはau PAYを積極的に使うことになりそうです…。povo2.0、なかなか玄人向けと言われてますが、これはけっこう生活を変えるかもしれませんね。

povo
公式サイトはこちら >

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧