Pixel 5a (5G) レビュー:Pixel 5より2万円安くて似た性能!これがPixelの必要十分なのか

GoogleのスマートフォンPixelシリーズのPixel 5a (5G)を購入し、しばらく使ってみました。aシリーズらしく少し抑えられた点もありますが、スペックやカメラなど、お手頃な価格も含めて魅力が詰まったスマートフォンです。

実際にしばらく使ってみて感じた良いところ、イマイチなところなどを紹介していきます。

  • ほぼPixel 5並で2万円安い
  • Pixelシリーズ最大の画面サイズ
  • バッテリー持ちもなかなか良い
  • 画面サイズが大きいだけあって若干重い
  • リフレッシュレートは60Hz

概要と外観

Pixelのaシリーズは比較的安価になったモデルです。いくつかの点で妥協点は見えるものの、今回のPixel 5a (5G)はSoCもPixel 5と同じですしカメラも同等、そして大容量バッテリーとこれまでのPixelの中で随一の画面サイズを持ちます。

Pixel 5a (5G)の付属品はガイド冊子とSIMピン、ACアダプタにUSBケーブル、クイックスイッチアダプターが入っています。

Pixel 5a (5G)のカラーは「Mostly Black」のみです。たしかに黒いのですが、ちょっと薄めで深緑が入ったような色をしています。単純な黒でなく少しの緑が私は気に入ってます。

背面上部に指紋センサーがあり、下部にはGoogleロゴが入っています。材質はプレミアム金属製ユニボディで、指紋はつきにくい(つかないとは言わない)です。

カメラ部は正方形で囲まれた部分にデュアルカメラとフラッシュが配置されています。

電源ボタンは少し明るい色になっています。また溝が入ったボタンになっているのでわかりやすくなっています。Pixelシリーズは3の頃はポップなイメージがあったのですが、最近は少しシックになってきていますね。

Pixel 5a (5G)はステレオスピーカーですが、下側のスピーカーは右側のみです。

Pixel 5と比べると、一回り大きいサイズ感です。これまでのPixelシリーズで最大の画面サイズですからね。持ったときもやはり大きさを感じます。

スペックとパフォーマンス

Pixel 5a (5G)

Pixel 5a (5G)はSnapdragon 765Gを搭載し、RAMは6GB、ストレージは128GBを搭載したミドルレンジの5G対応スマートフォンです。

ディスプレイは6.34インチでアスペクト比20:9の有機EL、バッテリーは4,680mAhあります。おサイフケータイにも対応し、防水はIP67です。

主なスペックは以下の通りです。

OS Android 11
CPU Snapdragon 765G
RAM 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ 非対応
ディスプレイ 6.34インチ 2400×1080 (FHD+) OLED
メインカメラ メイン:12.2MP, ƒ/1.7, 77°
超広角:16MP, ƒ/2.2, 118.7°
フロントカメラ 8MP, ƒ/2.0, 83°
バッテリー 4,680mAh 18W急速充電
サイズ 約156.2 × 73.2 × 8.8 mm
重量 約183g
防水防塵 IP67
おサイフケータイ
対応バンド LTE:
B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 13 / 14 / 17 / 18 / 19 / 20 / 25 / 26 / 28 / 29 / 30 / 32 / 38 / 39 / 40 / 41 / 42 / 46 / 48 / 66 / 71

5G Sub-6:
n1 / 3 / 5 / 7 / 8 / 28 / 40 / 77 / 78

それぞれのキャリアで対応してるバンド(タップで開きます。)
4Gバンド ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
1
3
8
11
18(26)
19(26)
21
28
41
42
5Gバンド ドコモ au ソフトバンク 楽天モバイル
n77
n78
n79
n257

ベンチマーク結果

各種ベンチマークの結果は、AnTuTu Benchmark(v9.1.4)が384,151点、Geekbench 5がシングルで587点、マルチで1,341点、3DmarkはWild Lifeで1,672点、PCMarkのWork 3.0 performanceは8,450点でした。

似た点数のほかのスマホと比べると以下の通り。

SoC Antutu Geekbench 3DMark PCMark
RAM Single Multi PERF BATT
Mi 11 Lite 5G SD 780G
6GB
523616 806 2438 3126 10712 11h 36m
Pixel 4 SD 855
6GB
476404 619 2424 3040 10842
Pixel 5 SD 765G
8GB
385181 598 1531 933 9316 12h 16m
Pixel 5a SD 765G
6GB
384151 587 1341 1672 8450 16h 40m
OPPO Reno5 A SD 765G
6GB
375310 618 1757 1684 8995 11h 08m
Xperia 10 III SD 690
6GB
347097 591 1742 828 8075 15h 39m

そのほか、当サイトでレビューしてきた端末のベンチマーク結果は以下のページにまとめています。こちらも参考にどうぞ。

実際に使ってみて

ベンチマーク結果としては、最近の普通のミドルレンジと同じくらいです。Pixel 5とも同じSnapdragon 765Gを使っているので動きはそう変わりません。(リフレッシュレートやRAMの違いはありますが。)

重いゲームをやったり、細かな動きにこだわる人でなければ十分にサクサク使えます。

ディスプレイ

Pixel 5a (5G)のディスプレイは6.34インチで解像度はフルHD+(2400×1080) OLED(有機EL)です。実際の画面の大きさはアプリで測ったところ縦137.8mm、横66.0mmでした。

このサイズはこれまでのPixelシリーズでは最大です。Pixel 4 XLが6.3インチだったので、それよりもほんの少しだけ大きく、端末のサイズとしては縦横とも少し小さくなっています。

普段はPixel 5を使っているので、それとの差はけっこうあります。また、リフレッシュレートは60Hzなので、90HzのPixel 5とはこういったところでも差があります。

バッテリー

Pixel 5a (5G)のバッテリーは4,680mAhです。これも4,000mAh程度だったこれまでに比べ、だいぶ増えました。

PCMarkによるバッテリーテストでは100%から20%になるまで16時間40分とかなり持ちました。上の方のベンチマーク結果にもありますが、競合となるミドルレンジのスマホたちと比べても良好な結果となっています。

実際に使っていても(特別もちが良いと感じるほどではありませんが)頻繁に充電が必要だとは思わないくらいです。とはいえ、メインで使うのであれば毎日充電したほうがいいと思います。

カメラ

Pixel 5a (5G)の背面カメラは12.2MPのメインカメラと16MPの超広角(118.7°)カメラのデュアルカメラです。Pixel 5にあるスペクトル + フリッカーセンサーはありませんが、遜色ない写真が撮れます。

通常撮影

超広角

広い場所や大きなものを撮るのに超広角は便利です。雲が入ってるとなんとなくダイナミックに写ります。

狭い室内で全体を写したいのにこれ以上下がれない!なんていうときも、超広角で撮るとより広い範囲を撮れます。

ポートレート

まれに、枠で囲まれな中などがうまくボケないこともありますが、基本的には自然にボケてくれていい感じです。ボケ具合はあとからGoogleフォトで変更もできます。

夜景モード

夜景モードで暗いところでもわりと明るく。夜景…?

光がほとんどない暗い暗い公園だとノイズがかなり出ますね…。

三脚を使って天体撮影モードにすればきれいに写ります。(天体撮影モードやろうとした日が曇りばかりで、それでも撮ってみるか、と三脚持って公園に行ったら雨が降ってきました…。)

天体撮影モード

三脚で固定して数分待つ「天体撮影モード」では星空を撮影できます。ただし超広角は使えません。

雲や建物が入っても(星空主体でなくても)なかなか雰囲気ある写真が撮れます。


めちゃくちゃいいカメラだとか映えるカメラというわけではないのですが、自然に見える写真が撮れます。写真が上手い人が撮ればもっといい写真が撮れるとは思いますが…。

今回撮った写真をまとめてGoogleフォトにアップしてあるので、興味ある方はどうぞ。

Pixel 5a (5G)の良かったところイマイチなところ

Pixel 5a (5G)を使ってみて感じた良いところとイマイチなところをまとめてみます。

良いところ
  • Pixel 5とかなり似た性能で安い
  • 画面がこれまでのPixelで一番大きい
  • 背面指紋センサー、防水防塵にも対応
  • バッテリーもちが良い
  • OSアップデート保証やAndroidの新機能がいち早くなど、Pixelとしての良さ
イマイチなところ
  • 若干重く、見た目も高級感はなし
  • リフレッシュレートは60Hz
  • ワイヤレス充電には非対応
  • Googleフォトの無制限アップロードは非適用

スマホのどの部分に重きをおくのかにも寄りますが、画面が大きい分だけちょっと重めで高級感もありません。リフレッシュレートは、最近のスマホとしてはできれば頑張ってほしかったところ。

そういったところでコストカットをして、そのほかの性能としてはPixel 5と似通っているので、気にしない人にはかなりお得ともいえます。Pixel端末ならではとして、OSアップデートも最速で適用されますし、期間も最低3年(2024年8月まで)保証されます。次期Androidのベータ版も入れられます。

あとはやっぱりきれいに撮れるカメラと優秀なバッテリー持ちも魅力です。今までのPixelがちょっと高くてバッテリー持ちも不十分だと感じてた人には特におすすめですね。

まとめ:買いやすく必要十分なPixelスマホ

aシリーズは基本的に廉価版ですが、Pixel 5a (5G)は廉価版のわりに性能面でかなりがんばったスマホです。基本的な部分はPixel 5と遜色なく、リフレッシュレートやワイヤレス充電など細かいところで差をつけています。それでいて大きな画面とバッテリーがあって2万円も安いのはすごい。

Androidの新機能や新しいOSバージョンをいち早く試したい、噂のPixelカメラを使ってみたい!という人にはオススメできるスマートフォンです。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧