Nothing、シリーズA+で約56億円を調達!Qualcommとの業務提携も発表、今後のスマホ発表にも期待

イギリス発デジタル製品ブランドNothingは10月12日、シリーズA+で5000万ドル(約56億円)資金調達したことを公表しました。

発表の概要

OnePlus創業者のCarl Pei氏率いる、イギリス発デジタル製品ブランドのNothing。8月に発売した初の製品、BluetoothイヤホンのNothing ear(1)は2ヶ月未満で販売台数10万台を突破しました。

そのNothingが、10月12日、シリーズA+で5000万ドル(約56億円)資金調達したことを公表しました。融資金は新製品研究開発に使われる予定とのことです。

また、半導体大手Qualcommと業務提携が決定し、今後の新製品にQualcomm モバイルプラットフォームを採用することが決まりました。モバイルプラットフォームというと、スマホ向けのSoCなどがそれに当たります。PC向けのものはコンピューティングプラットフォームになるので別物ですし、Nothing製スマホの登場も期待できますね。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
でじぃ
病気療養中のガジェットオタク。基本はTwitterにいます。私の執筆した記事は私個人の意見です。ご依頼などあれば、ご連絡はTwitterのDM(これが一番早いと思います)か、digitalkcct@gmailどっとこむ(どっとこむ→.com)まで宜しくお願いします。
⇨でじぃの記事一覧