100円ショップの「Lightningケーブルカバー」って、AndroidのUSB Type-Cケーブルでも使える?実際に買って試してみました

100円均一のダイソーに、断線予防としてLightningケーブルに装着して使うケーブルカバーが何種類も売っていますよね。どれを見ても「Lightningケーブル用」と書いてあるのですが、これはAndroidで使うケーブルでも使えるのかな?と疑問になったはず。

実際に買って試してみたのでご紹介します。

今回は、iPhoneSE(第2世代)に付属していたApple純正のUSB-C -Ligntningケーブル、USB Type-CケーブルはBaseusの充電器に付属してきた、黒いUSB PD 100W対応のもので試しました。

初めに書いておくと、iPhone付属のUSB-C to Lightningケーブルは、最も細い場所で太さ約2.5mm、USB Type-C to Cケーブルは太さ約3mmです。USB Type-C to Cケーブルのほうが、Lightningケーブルよりも一回り大きくなっています。

ケーブルの断線を防ぐケーブルカバー

USBケーブルなどを使っていると、何回も曲がることで被覆が破れ中の線が切れてしまう(断線)ことがあります。これを予防するために(最も断線の起きやすい)ケーブルの根本を補強するのが今回紹介するケーブルカバーです。

購入したLightningケーブルカバー

今回購入したのはこの2種類のケーブルカバーです。1つは丸い球状のケーブルカバー、もう1つはシナモロールのケーブルカバーです。シナモロールかわいい~

LightningケーブルのUSB-C側に取り付けてみる

球状のケーブルカバー


まずは球状のケーブルカバーから見てみましょう。今回購入したのは白色ですが、他にも色があり、確認した限りでは赤、青などがありました。こちらは110円。

中身はこれだけです。球状のパーツには幅1cm、縦5mmの穴が空いていて、ケーブルの端からグリグリと押し込むような形になります。平べったいパーツは2つで1つで、ケーブルをサンドイッチして、そこに前述の丸いパーツを入れて固定します。


実際にやるとこんな感じですね。平たいパーツはApple純正ケーブルの太さとちょうど同じ幅なので、ピッタリフィットします(当然ですが)。

LightningケーブルのUSB-C側に装着するとこのようになります。Type-C側に付けるのには結構力が必要ですね。Lightning側にはそれほど力は必要なく、スッと取り付けられます。

シナモンのプロテクトカバー


続いてシナモンのケーブルカバーです。キャラ物ですが100円で、シナモンが好きな方はグッとくるのではないでしょうか。私もかわいいなと思い購入しました。こちらはケーブルカバーではなく、プロテクトカバーと書かれていますね。


シナモンの方は、先ほどの球状のものとは装着方法が異なります。


まずこのパーツをケーブルに取り付けて、このパーツの切れている方からスライドさせて、覆うようにシナモンのパーツを付けます。
矢印で印が入っているので、これを見ればわかるはず。

LightningケーブルのUSB-C側に装着するとこのようになります。シナモンかわいい

USB Type-Cケーブルに取り付けてみる

さて、本題のUSB Type-Cケーブルに取り付けをします。Baseusの充電器に付属してきたUSB PD 100W対応のもので、太さ約3mm、Type-Cケーブルとしては標準的で特別太くも細くもない程度です、


…取り付けたのが上の画像なのですが、見ての通りケーブルが太くてかなり入れづらいです。一回り大きいくらいなので、力を入れればなんとか入りましたが…


シナモンの方を付けてみたところです。入るか心配だったのですが、ギリギリ入りました。

まとめ:そもそもUSB Type-Cケーブルに断線予防のカバーは必要ないのかも

AppleのUSB-C to LightningケーブルのUSB Type-C側に、ケーブルプロテクターを付けた画像

Lightningケーブルカバーを試しましたが、Lightningケーブル用なので当然ながら、どれもサイズが小さく、USB Type-Cケーブルに装着するのは力が必要でした。

今回のものは運良く取り付けられましたが、ものによってはどうやっても不可能かもしれませんし、書いてあるとおり、基本的にLightningケーブルでのみ使えると考えるべきです。どうしても付けたいというのなら、こういったもののように太さに余裕があるものがいいでしょう。

そもそも、ケーブルのコネクタ付近が断線する話って、大半がLightningケーブルの気がします。それは、日本のiPhoneのシェアが異常に高いからというのもあるかもしれませんが、それ以上に「Apple純正のLightningケーブルが細くてしなやかだから」という理由があるのではないでしょうか。細くてしなやかだと取り回しがしやすいですが、反面折り曲げなどには弱いのだと思います。今回、Apple純正のUSB-C – LigntningケーブルのUSB-C側でも試していますが、両方のケーブルカバーが付けられました。そのため、USB Type-Cだから太くて付けられない、は当てはまりません。

USB Type-C to Cケーブルは、仕様上全てがUSB PDに対応しています。USB PDで高い電流電圧を流すため、必然的にケーブルは太くなる傾向があります。これが、結果として断線のしづらさにも繋がっていると考えられます。

これらのことから、USB Type-Cケーブルを使っている方は、特にこういった断線予防のケーブルカバーは必要ないと考えて良いと思います。キャラクターもののカバーは可愛いものも多いので、Androidユーザーにも選択肢ができてほしいものですね。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
でじぃ
病気療養中のガジェットオタク。基本はTwitterにいます。私の執筆した記事は私個人の意見です。ご依頼などあれば、ご連絡はTwitterのDM(これが一番早いと思います)か、digitalkcct@gmailどっとこむ(どっとこむ→.com)まで宜しくお願いします。
⇨でじぃの記事一覧