Android 12L発表!タブレットや折りたたみ端末の大画面に対応したAndroid 12のFeature Drop

Googleは10月27日、タブレットや折りたたみ型端末などの大画面向けに設計されたAndroid 12のFeature Drop(機能アップデート)「Android 12L」を発表しました。大画面端末向けのUIや機能が含まれており、すでに開発者向けプレビューが公開されています。

大画面向けにUIを改善

Android 12Lでは大画面向けに通知、クイック設定、ロック画面、概要、ホーム画面などのUIが改善されます。

たとえば600dpを超える画面では、通知シェードやロック画面などで広い画面を活用して2列表示となります。

また、画面下部にはアプリをすぐに切り替えられるタスクバーを配置。このタスクバーからアプリをドラッグ・アンド・ドロップするだけで、分割画面モードでアプリを開けます。

大画面に対応していないアプリについてはレターボックスで表示されるようになります。このレータボックスはデバイスメーカー側でカスタムレターボックスの色や処理を設定したり、はめ込みウィンドウの位置を調整したり、カスタムの丸い角を適用したりできます。

これ以外に、Playストアも最適化や変更が加えられるようです。

2022年Q1リリース予定

Android 12Lはデベロッパープレビューが公開され、12月にベータ版、そして2022年のQ1に正式リリースの予定です。

基本的にはタブレットなど大画面向けのものですが、ベータ1以降はPixelスマートフォンでもベータプログラムに参加できるようになります。対象端末は以下の通り。

  • Pixel 6 Pro
  • Pixel 6
  • Pixel 5a (5G)
  • Pixel 5
  • Pixel 4a (5G)
  • Pixel 4a
  • Pixel 4

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧