Xiaomi 11T:Demensity 1200-Ultra搭載!+120Hzディスプレイ+108MPカメラでバランスのいい良コスパスマホ(実機画像あり)

Xiaomi 11Tは、Xiaomiが9月16日に発表したスマートフォンです。日本でも発売が予定されているようですが、今回はAliExpressで販売されているグローバル版について紹介します。

この記事はグローバル版の記事です

Xiaomi 11Tのスペック

OS Android 11, MIUI 12.5
SoC MediaTek MT6893 Dimensity 1200-Ultra 5G (6nm)
RAM 8GB(LPDDR4X)
ストレージ 128,256GB(UFS 3.1)
ディスプレイ 6.67インチAMOLED,120Hz,HDR10+,Corning Gorilla Glass Victus, 1080 × 2400(395ppi)
メインカメラ 1億800万画素メイン+800万画素超広角+500万画素テレマクロ
フロントカメラ 1600万画素
バッテリー 5000mAh,67W急速充電対応
サイズ 約164.1 × 76.9 × 8.8 mm
重量 約203g
その他 IP53防水防塵,サイド指紋認証センサー

SoCはDimensity 1200-Ultra

SoCにMediaTek Dimensity 1200-Ultraを搭載し、アッパーミドルレンジクラスの性能を持っています。最先端級の6nmプロセスを採用し、Ultraコアは最大3,0GHzまでクロックアップします。

108MPを含む三眼カメラ



CinemagicがブランドスローガンのXiaomi 11Tシリーズは、108MP(1億800万画素)のメインカメラ、8MP(800万画素)の120°超広角カメラ、5MPのテレマクロカメラを搭載。三眼構成で、様々な場面でピッタリな映像が撮影できます。

Audio Zoom機能に対応し、被写体にズームすると、音もそれに合わせてズームされます。その他に、テレマクロレンズでの動画撮影も可能です。

Flat-AMOLEDディスプレイ


ディスプレイは120Hz表示に対応したAMOLEDで、DisplayMateからA+評価を獲得しています。
タッチサンプリングレートは480Hzで、Corning Gorilla Glass Victusに覆われています。傷つきにくさもバッチリですね。

67W急速充電対応!36分で満充電

67W充電に対応し、36分で満充電できます。上位機種の11T Proほどではありませんが、十分過ぎるほど高速です。

アップデート保証つき

Xiaomi 11TはAndroid OS3回、セキュリティパッチは4年間のアップデート保証の対象で、長く使い続けることができます。

カラー、価格

カラー構成はメテオライトグレー、ムーンライトホワイト、セレスティアルブルーの3色です。

AliExpressにおける価格は、日本時間9月23日16時からのセールで8GB+128GBが499ドル、8GB+256GBが549ドルです。また、500注文限定でMi Watch Liteも付いてくるようです。クーポンも忘れずにもらっておきましょう。

実機画像


Xiaomi 11Tのグローバル版実機画像です。メテオライトグレーは光沢感のある背面になっています。67Wの充電器や、ケースも同梱されています。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
でじぃ
病気療養中のガジェットオタク。基本はTwitterにいます。私の執筆した記事は私個人の意見です。ご依頼などあれば、ご連絡はTwitterのDM(これが一番早いと思います)か、digitalkcct@gmailどっとこむ(どっとこむ→.com)まで宜しくお願いします。
⇨でじぃの記事一覧