Twitterで使える検索コマンド!日付や期間の指定、特定の人のRT抜きのツイートなど

Twitterで検索する時に、とある期間内のものに絞りたい、誰々さんのツイートの中から検索したい、なんていうことがありますよね。Twitterにはそれらを可能にする検索コマンドがあります。

この記事ではそれらの便利な検索コマンドを紹介します。

基本の検索

通常検索(and検索) A AND B

Twitterの検索欄に単語を1つだけ入力するとそのキーワードを含むツイートが検索されます。スペースを開けて2つの単語を並べるとand検索となり、両方のキーワードを含むツイートが検索されます。上の例だと「Xperia」と「mini」を両方含むツイートが表示されます。…が、どちらか片方しか含まれないツイートも混ざることがあります。

2つの単語を AND で結ぶ(ANDの左右にスペース)ともう少しちゃんとしたAND検索となり、両方が含まれるツイートになります。この場合は「Xperia」と「mini」を両方含むツイートが表示され、片方だけは除外されます。

完全一致 ”A B”

「Xperia mini」だと「Xperia」と「mini」の両方がツイートのどこかにあるものが表示されます。そうではなく「Xperia mini」を検索したい場合は、(ダブルクォーテーション)で囲みます。こうすると囲まれた語に一致するものだけを表示します。

いずれかを表示(OR検索) A OR B

2つの単語のどちらかを含むツイートを表示したい場合は OR で結びます。

特定の語を除外

「Xperia」について検索したいけど「1III」の話題は必要ないから避けたい、というようなときは避けたいキーワードの直前に(マイナス)をつけます。

また、このあとの各種検索コマンドに-をつけることでそれらを除外した場合の検索となります。

つけるのは日本語だとうまく行かないことがあるので、日本語部分をで囲むとうまくいくことがあります。

ハッシュタグ

先頭に#のついた語句はハッシュタグとなります。これで検索するとそのハッシュタグを使ったツイートのみを表示できます。

期間を指定する

指定した日付以降 since:yyyy-mm-dd

○月○日よりも後のツイートを表示するにはsince:yyyy-mm-ddを使います。yyyy-mm-dd部分に日付を入れます。例:2021年9月23日以降はsince:2021-09-23

指定した日付以前 until:yyyy-mm-dd

○月○日よりも前のツイートを表示するにはuntil:yyyy-mm-ddを使います。yyyy-mm-dd部分に日付を入れます。例:2021年9月23日以前はuntil:2021-09-23

指定した期間

上のsinceとuntilを組み合わせれば特定の期間のみを表示できます。上の例なら2021年9月25日から9月27日の「タイムセール」を含むツイートを検索します。

アカウントを指定する

特定のアカウントのツイートとそれ宛のリプライ・メンション @ユーザー名

@ユーザー名で検索すると、特定のアカウントのツイートや、そのアカウントに対するリプライ、メンションの中から、検索されます。「あの人が〇〇についてツイートしてたけどなんだっけ?」というような時に、その人の周りの人からのツイートからも探せるわけです。

特定のアカウントのツイートのみを表示 from:

from:@ユーザー名で検索すると、その人の投稿したツイートから検索されます。ツイートのみで、その人に対するリプライやメンション、その人がリツイートしたものなどは表示されません。いつもRTばかりでごくたまに自分のツイートをするアカウントも、これで検索するとRTを除いた投稿だけを見ることができます。(@がなくても同様に動作します)

特定のアカウント宛のツイートを表示 to:

to:@ユーザー名で検索すると、その人に宛てられたリプライやメンションから検索されます。

from:to:を組み合わせれば、「〇〇さんから△△さんへ送られたツイート」というものを検索できます。

フィルター

検索にフィルターで絞り込むこともできます。

返信のみ表示 filter:replies

返信のみ表示。上の例では、@orefolderから、または@orefolderへのリプライを表示。スレッドも含まれます。

リンクを含むツイートのみ filter:links

リンクを含むツイートのみ表示・上の例では、@orefolderの投稿したリンク付きのツイートを表示。画像付きも含まれます。

画像を含むツイートのみ filter:images

画像を含むツイートのみ表示。上の例では@orefolderの投稿した画像付きのツイートを表示。検索結果には画像タブもあるのでそれで十分かもしれませんね。

動画を含むツイートのみ filter:videos

動画を含むツイートのみ表示。上の例では、@orefolderの投稿した動画付きのツイートを表示。埋め込まれた動画と、YouTubeなどへのリンクも含まれます。

ニュース記事を含むツイートのみ filter:news

ツイートにニュース記事のリンクが含まれたのみ表示。上の例ではツイート内に「Xperia」を含む、ニュース記事のツイートを表示。

◯件以上のリプライ min_replies:

指定した件数以上のリプライがついたツイートのみ表示します。

◯件以上のいいね min_faves:

指定した件数以上の「いいね」がついたツイートのみ表示します。

◯件以上のリツイート min_retweets:

指定した件数以上リツイート(RT)されたツイートのみ表示します。

その他

言語を指定 lang:

ツイートの言語を指定できます。検索語が英語だと英語のツイートも混ざってきますが、上の例ではlang:jaをつけて「Xperiaを含む日本語のツイート」を表示します。英語のツイートを検索したいときはlang:enです。

場所を指定 near:地名 within:半径

ツイートされた地域を絞って検索したいときにnear:地名で地名を、さらにwithin:半径でそこからどれくらいの範囲を含めるかを指定します。

場所を指定 geocode:緯度,経度,半径(km)

1つ上の例と似ていますが、緯度経度を使ってよりピンポイントで指定します。カンマのあとに空白は入れません。

まとめ

たくさんありましたね。これらを組み合わせれば、より絞った検索ができます。私はこれを使ってorefolder OR https://www.orefolder.net -from:orefolder -from:orefolder3という検索を保存してあります。これは私のことや私のサイトについて言及している、私や更新通知用アカウントからの投稿は除いたツイートを表示します。つまりはエゴサーチ用ですね。

あとはスマホの機種名で検索するときはlang:jaで日本語に絞ったり、特定のイベント中のツイートを知りたい時にsince:until:を使ったりします。

全部を覚える必要はありませんが、いくつか走っておくと便利ですよ。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧