ドコモ、解約金の撤廃を発表!10月1日以降は、2年縛りプランでも解除金の支払いが不要に!

NTTドコモは、定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」について、2021年10月1日から廃止すると発表しました。

発表の概要

NTTドコモは、定期契約の料金プラン解約時に設定している「解約金」について、2021年10月1日から廃止します。また、料金プラン変更前の定期契約プランの契約満了月まで、解約金が留保される「解約金留保」の制度についても2021年10月1日から廃止します。

今回の変更に伴い、現在提供している2年定期契約プランについては、2021年9月30日に新規受付が終了されます。

①2019年9月30日までの料金プランでは、2年契約なら10,450円、1年契約は3,300円の解約解除料がかかっていましたが、どちらも廃止に。
また、②2019年10月1日(火曜)以降の料金プランでは、2年契約で1,100円の解約解除料がかかっていましたが、こちらも廃止となります。

①のプランから②に乗り換えた際、また②の2年契約から定期契約なしプランへ変更した際、①または②の契約満了月まで乗り換え前の解約解除料が留保される、「解約金留保」に関しても、10月1日をもって廃止されます。

旧料金プランの「ずっとドコモ割コース」契約者に対して、2年の契約期間以内に解約すると10,450円の解約金が発生する2年定期契約を契約更新した際に付与されていた、「更新ありがとうポイント」の提供も、2021年10月1日(金曜)に終了されます。この点は、乗り換えるつもりがなく、ドコモを長く使い続けるつもりであったユーザーには悲しいお知らせですね。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
でじぃ
病気療養中のガジェットオタク。基本はTwitterにいます。私の執筆した記事は私個人の意見です。ご依頼などあれば、ご連絡はTwitterのDM(これが一番早いと思います)か、digitalkcct@gmailどっとこむ(どっとこむ→.com)まで宜しくお願いします。
⇨でじぃの記事一覧