【コラム】このサイトの物撮りで使ってる小物を紹介!100円ショップでもいろいろ揃います

前回に引き続き写真ネタです。今回は私がこのサイト用にガジェットの写真を撮るときに使ってる小物を紹介します。カメラなど撮影機材ではなく、背景になるものなどちょっとしたものです。

100円ショップで買えるものや代替がきくものも多いです。というか100円ショップに行くとなにか使えないか考えながらウロウロしてしまいますね。

撮影ブース

これが私の撮影時の基本セットです。折りたたみテーブルの上に90×45cmの天板を乗せ、背景紙を上から垂らして背景としています。背景紙は背面から底面までが1枚なので継ぎ目がありません。

背景紙はダブルクリップとタコ糸を使ってハンガーを掛けるところで吊るしています。

タコ糸の長さ次第でテーブルはいらなくなるので、背景紙・ダブルクリップ・タコ糸で完成します。背景紙は模造紙でも代用できます。(耐久性はないですが。)なので全部100円ショップで手に入らなくもないですね。

このような、背景が白い(単色の)写真が簡単に撮れます。小さな撮影ボックスを使ってる方にはこういう広く使えるものがオススメです。場所取るのでそれが問題ですが。

もっと大きなものも買ったのですが、大きく重いのでクリップで吊るそうとしても結構な頻度で落ちてしまい、けっきょくこのサイズを主に使ってます。(ちゃんとした背景スタンド買えばいいんですが)

敷物

ガジェットをどんなものの上に置くかで、また印象も変わってきます。

Amazonで適当な大きさの天板・棚板を探して買ったのがこれです。サイズいろいろありますが私は90cm×45cmを使ってます。もともと明るい方をプレゼントでいただいて、黒いものを自分で追加購入しました。

90cm×45cmのベニヤ板(左)も最近買いました。白く塗装されたものがあって、ホームセンターで数百円でした。同じくホームセンターでMDFの板(右)も買いました。

こちらは100円ショップのセリアで購入した板です。45cm×8cmの板を4枚くらい並べるとスマホも撮れるスペースになります。

なかなか悪くないですよね?幅に関してはいくつか種類がありますが、私は8cmのものが気に入ってます。

無反射ガラスという、ちょっとすりガラスっぽいガラスもあります。

ちょっと浮いたっぽい写真も撮れます。使いかた次第でいろいろ面白くなりそうです。

壁紙

高さのあるものだと壁側も映り込みます。自宅の壁紙でもいいですが、壁紙だけ別で用意するとバリエーションが生まれます。

なかなか雰囲気変わるのでオススメです。これも上で書いた撮影ブースの背景紙と同じでダブルクリップで吊るしています。

1m単位でかなり多くの種類から購入できるのでステキです。この店以外にも壁紙扱ってるところはたくさんあるのでいろいろ見ると面白いです。

スマホスタンド

小さな吸盤型のスマホスタンド…というか車載ホルダー?を使ってます。

これを使って、スマホを正面から立たせたような写真を撮ることがあります。

右の写真のようにして立たせてるのですが、正面から見ればスタンドは見えないので自立してるようにも見えます。

うまく隠せばちょっと浮いてるような写真も撮れます。小さな吸盤でくっつけるタイプのスマホスタンドなら100円ショップのものでも大丈夫です。

粘着ジェル

上のような、箱にスマホが立てかかってる写真を撮りたいときに、わりとスマホが滑り落ちて止まってくれません。そういうときに便利なのが粘着ジェルです。

その名の通り粘着性のあるジェルです。これを滑り止めとして使います。コロコロ転がるものを固定するのにも便利。ただ、写真にジェルが写り込まないように注意は必要です。

これはホビーショーで紹介されてるのを見て購入しました。プラモデルやフィギュアなどを簡易的に固定するのに使ったりするそうです。

似たものはAmazonなどでもいくつかあります。

ダイソーのアートボード

ダイソーに「アートボード」という、発泡スチロールかなにかでできた板(?)があります。白黒コルク柄など様々あります。これも敷物としても使えるのですが、汚れてきた今はレフ板代わりに使ってます。

黒い方は、撮りたいスマホのディスプレイにカメラが反射してしまうときに、カメラの後ろに置くと目立たなくなります。

撮影の背景に映り込む小物

無地の背景や机と壁だけの背景もいいですが、ちょっとした小物が写り込んでいるのもいいものです。

背景に緑があると爽やかっぽくていいです。フェイクグリーンでも大丈夫です。

洋書っぽい表紙のノートです。表紙を見せてもいいですし、開いてノートの上にスマホを載せてもなんとなく絵になります。ちゃんと文字の書かれた洋書なんかでも雰囲気出ると思います。

コンパスや地図があるとアウトドアっぽい?

自分の好きなフィギュアを登場させるのもいいですね。毎回それが一緒に写っていれば、その人(サイト)の特徴になります。「〇〇とスマホと言えば誰々」みたいに認識されるかもしれません。

その他

Pinterestで「スマホ」や「イヤホン」で検索するといろいろカッコいい写真が出てくるので構図が参考になります。私も気に入ったものを自分でまとめてます。→スマホ →イヤホン

まとめ

物撮りで使ってる小物という記事でしたが、もしかしたら期待していたものと違った内容だったかもしれませんね。まぁ、とにかく私はこれらを使って物撮りしてます。

「物撮り 道具」などで検索するといろいろカメラ機材が出てきたりもして参考になるのですが、100円ショップのものなんかでも代用できるものはあります。そういうのを探すのもまた面白いですよ。

今回挙げたものも、個人ブログの方で時々紹介してるので、こちらもどうぞ。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧