【先着150名限定で2万円】Teclast T40 Plusが発売:UNISOC T618チップ搭載、8GBメモリに10.4 FHD+液晶搭載!

TeclastからT40 Plusが発売されました。T40 PlusはUNISOC T618チップセットに8GBメモリ、128GBのストレージを搭載しており、10.4インチFHD+IPS液晶を採用しています。

なお、今回発売されたT40 PlusはECサイトのBanggoodにて先着150名限定セール(19,000ほど)を行っています。通常価格は26,000円ほどです。また、151~400名までは20,000円ほど、401~500名までは22,000円ほどで販売しています。

本記事の執筆時点では既に416台の予約注文者がおり、22,272円(現時点)の価格になっています。

Teclast T40 Plus

Teclast T40 Plusの特徴を確認していきましょう。

Teclast T40 PlusのSoCにはUnisoc T618を採用しています。Unisoc T618のAnTuTuベンチマークは20万点ほどで、ネットサーフィンや軽いゲームをする程度であれば問題なく使えるでしょう。動画再生も同じです。

ディスプレイはIPS液晶(2000×1200)を採用し、サイズは10.4インチです。FHD+に当たるディスプレイであるため、動画視聴時の解像度を気にする必要はありませんね。YouTubeも快適です。

メモリは8GB、ストレージは128GBを採用しています。この価格帯で128GBは多い方ですし、用途次第ですが、128もあれば容量が不足することはないはずです。

4G/DSDV対応でSIMを2枚使用可能です。VoLTEもサポートされています。人によっては嬉しい機能ですよね。

OSは現行のAndroid 11を搭載しています。格安タブレットはAndroid 9など、古いAndroidを載せているものが多々ありますが、「Teclast T40 Plus」は最新の物が載っているのはいいところです。新品なのにバージョンが古かったらガッカリしますからね。

GPSも内蔵されており、カーナビ利用もできそうです。大画面でベゼルの薄いカーナビ、高級車の気分を手軽に味わうことができますよね。

ちなみに充電端子はType-Cです。Micro-Bを採用しているメーカーは流石にないはずですが、格安とはいえちゃんと対応しているのはニーズを掴んでいますよね。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
AOSPベースのROMがすきです。Oxygen OSとHavoc OSがお気に入り。
⇨CloNisの記事一覧