InnoView 15.6インチFHDモバイルモニター ‎INVPM001レビュー:付属品が充実!iPhoneも使えるモバイルモニター

InnoViewさんより、モバイルモニターを頂きました。15.6インチの大画面モデルで、付属品が盛りだくさんな、届いたその日から使える製品になっています。

スペックなど

画面サイズ 15.6インチ(16:9)
パネルタイプ IPS
表示色 1677万色(8bit)
解像度 1920×1080
リフレッシュレート 60Hz
輝度 250cd/m2
応答速度 5ms
ブラケット素材 CNCアルミ合金
カラー ブラック
サイズ 12 x 360 x 224mm
重量 ‎1.83kg

外箱、付属品など

外箱です。白を基調としています。

全ての付属品です。保証書、取扱説明書、ケーブル類(USB Type-C to C(オスオス),USB Type-C to Standard-A(オスオス),USB Type-C to Standard-A(オスメス),mini HDMI to HDMI)、ACアダプター、クリーニングクロスが付属しています。届いたその日から使える、充実の内容です。


ACアダプターです。USB Standard-Aポートを搭載しており、QuickCharge 3.0と書かれています。

ちゃんとPSEマークもあり、出力は5V3A、9V2A、12V1.5Aです。Redmi K40を本製品付属のUSB Type-C to Standard-A(オスオス)ケーブルで接続すると高速充電ができました。専用充電器ではないのは良いですね。

ディスプレイ本体

ディスプレイ本体です。狭額縁で、今風の仕上がりになっています。画面は非光沢(ノングレア)仕上げで、映り込みは少ないです。

本体は薄く、アルミで上質な手触りです。

以前当サイトでご紹介したInnoViewのモニターは、ケースが付いていてそれがスタンドとしても機能していましたが、本製品はスタンドが最初からディスプレイに付いていて、ケースはありません。

ケースではない分、無段階で自由に角度調整することができます。180°回転するので、個人的にはこちらのほうが好みですね。

裏面です。

左側面には、画像左からmini HDMIポート、USB Type-Cポートが2つあります。

右側面には、画像左から電源ボタン、OSD(オンスクリーンディスプレイ)メニューを操作するダイヤルボタン、iPhoneやキーボード・マウスを接続するためのUSB Type-Cポート、3.5mmイヤホンジャックがあります。こちら側のUSB Type-Cポートは、iPhoneとキーボード等しか機能しないので注意が必要です(私もドツボにはまりました…)。電源用としても使えません。

Androidタブレットと接続

手持ちの機器で対応していたのが、AndroidだとGalaxy Tab S7しかなかった(Redmi K40は不可)のですが、実際映せる(=DP Alt Modeに対応している)機種はAndroid端末だとあまり多くありません。購入前に確認するのをおすすめします。

接続したGalaxy Tab S7では、画面の複製しかできませんでした…サブディスプレイのように使えたら便利だったのですが、単体でDeX起動もできるタブレット端末ではあまり必要ありませんね。

上のようにUSB Type-Cケーブル一本で給電も兼ねて画面を映すことも可能ですが、その場合どうやっても画面の明るさを45/100以上にすることができません(再起動ループになる)。周囲が暗い環境でないとちょっと見るのは厳しい輝度なので、基本的にはもう1つ独立した電源を用意することが必要です。

縦画面でも表示できます。

iPhoneと接続

当サイトの内容とズレてしまいますが、iPhone8も持っているのでせっかくならと使ってみました。

接続には付属するこのアダプターと、iPhone付属のUSB Standard-A to Lightningケーブルを使います(もちろん電源も必要です)。

接続すると専用のソフトのようなものが立ち上がります。これには少し時間がかかります。

接続が完了したところです。これは縦ですが、

もちろんスマホを横にすれば横画面にもなります。

Nintendo Switchを接続

もちろん、付属のHDMI to mini HDMIケーブルを使ってゲーム機も接続できます。この使い方をする方が多いかもしれませんね。

ゲームで白熱して動いても問題のないくらい、視野角は広いです。

まとめ

FreeSync対応を謳っているものの、FreeSyncを活かせる場面はモバイルモニターには少ないですし、そもそもリフレッシュレートが60Hzであるため、使えてもさほど効果は感じられないでしょう。

しかし、最初から様々なケーブルが付属する本製品は、初めてモバイルモニターを購入する方にもおすすめできる製品です。Android端末では接続できる製品が限られますが、この製品はiPhoneにも対応しているため、多くの方が活用できるのではないでしょうか。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
でじぃ
病気療養中のガジェットオタク。基本はTwitterにいます。私の執筆した記事は私個人の意見です。ご依頼などあれば、ご連絡はTwitterのDM(これが一番早いと思います)か、digitalkcct@gmailどっとこむ(どっとこむ→.com)まで宜しくお願いします。
⇨でじぃの記事一覧