UQ mobile、AQUOS sense3にAndroid 11へのOSアップデートを配信開始

UQ mobileは7月8日、「AQUOS sense3」においてAndroid 11へのOSバージョンアップを含むアップデートを配信開始しました。

ソフトウェア更新は4G回線/Wi-Fi回線で実施可能ですが、アップデートファイルサイズが大きいためWi-Fi回線での実施が推奨されます。

Android 11へのOSアップデート

アップデート方法 更新時間 アップデートファイルサイズ
Wi-Fi利用 約20分 約1.5GB
4G(LTE/WiMAX 2+) 約20分

主な改善内容

電話
「簡易留守録」のリスト画面/再生画面のデザインが変更されます。
ステータスパネル
ステータスパネルにて、「同期」が削除され、「スクリーンレコーディング開始」/「スクリーンレコーディング停止」が追加されます。
Google Play システム アップデート
Google Play システム アップデートの更新が必要になると、お知らせパネルに更新のお知らせが表示されます。
AQUOS Home:アプリ使用履歴
ジェスチャーナビゲーション設定時に、ホーム画面でアプリ使用履歴を表示する方法が変更されます。
顔認証アクセス許可
顔認証登録時のカメラへのアクセス許可についての選択表示内容が変更されます。
設定:音
「高度なマナーモード」が「サイレント モード」に名称変更されます。
また、項目内の各名称も変更されます。
  • ※Androidセキュリティパッチの適用を実施。セキュリティパッチレベルが2021年5月となります。
  • ※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にAQUOS sense3をご利用いただくための改善内容が含まれております。

完了後のソフトウェアバージョン

ビルド番号:03.00.00

その他、アップデートの変更内容について詳しくはAQUOS公式サイトgpご覧ください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧