Twitter、24時間で消える「フリート」機能を8月3日に終了へ

Twitterは7月14日、昨年秋に追加された機能「フリート」を8月3日(米国時間)をもって終了すると発表しました。

もっと気軽にTwitterで会話してほしいという狙いの機能でしたが、このフリートをきっかけに新たにTwitterで会話する人は思ったほどいなかったとのことです。

フリートの機能の一部は通常の投稿へも追加予定

フリートは、もともと自分からツイートすることが少ない人が気軽にツイートできるようにするためのものでした。しかし実際に始まってみると、フリートも既にツイートをたくさんしていた人たちが自分のツイートを広めたりすることに使っていたようです。

フリートでは通常のツイートにはない、全画面カメラ、テキスト形式オプション、GIFステッカーなどの機能がありました。これらについては今後ツイート作成画面や、カメラ機能に追加し、そのテストを開始する予定となっています。

また、これまでフリートはタイムライン上部に表示されていましたが、ここは現在は音声ライブの「スペース」にも使われています。今後は引き続きスペースが表示されます。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧