nuroモバイル、AIによる帯域の自動割当を開始!専用アプリ無しでの通話料半額や5Gも今後開始予定

nuroモバイルは7月15日、記者向けの説明会を開始し、2021年4月より開始した「バリュープラス」の状況や今後の予定などを発表しました。

新たな取り組みとして、AIによる帯域の自動割当を開始しており、今後もオートプレフィックスによる専用アプリ無しでの通話料半額や5G通信への対応などの予定を発表しました。

nuroモバイル
公式サイトはこちら >

新規契約者数は前年同期の4.7倍に

nuroモバイルは2021年4月より新プラン「バリュープラス」を開始しました。格安SIM業界のなかでも最安値帯にあり、注目を集めています。この新プランの効果もあり、nuroモバイルの新規契約者数は2020年第1四半期と比べて2021年は4.7倍に増加しているとのこと。

また、MMD研究所によるnuroモバイル バリュープラスに関するユーザー調査(2021年5月19日~5月24日)を実施しており、そこではプランに満足しているユーザーは93%という極めて高い数値になっています。バリュープラスを勧めたいか、という質問に対しても推奨者が前回(2020年11月~12月実施)の18%から44%へと大幅アップしました。

今後に期待することとしては、安定的に通信速度が出ることが49%と最も多く、専用アプリ不要で安く通話できること、専用アプリなどが続きます。

AIによる帯域の自動割当を開始

nuroモバイルではソニーグループのAI技術を応用し、必要な帯域の自動割当をすでに開始しています。これはプラン全体の通信量の実績から未来の通信量を予測し、全体に対する帯域の割当を自動で実施するというものです。(ユーザー個別の通信を制御するものではありません。)これにより帯域利用を効率化しています。

これの効果もあるのか、当サイトの速度測定でもnuroモバイルは最近なかなか良いところにあります。

専用アプリ不要で国内通話料を半額に

現在はnuroモバイルでんわとして『0037ダイヤラー』というアプリを使うか、自分で電話番号の前に「0037-692」という番号をつけて電話すると国内通話料が22円/30秒から11円/30秒へと割引されます。

このプレフィックス番号を専用アプリ無しで自動的に付与する00XY自動付与機能(オートプレフィックス機能)が、今後提供予定です。まずはドコモ回線から、年内開始予定となっています。

今秋にも5G対応開始

格安SIMでも徐々に始まりつつある5Gへの対応は、nuroモバイルでも2021年秋までに開始予定となっています。5G対応での月額基本料金は0円の予定。

初期費用0円キャンペーン実施中

nuroモバイルでは現在公式サイトから音声通話付きSIMを申し込むと登録事務手数料3,300円が0円になるキャンペーンが実施されています。

適用条件:
音声通話付きSIMのVS(3GB)・VM(5GB)・VL(8GB)プランのいずれかに、新規または他社からの乗り換え(MNP)で申し込みすること。

VSプラン VMプラン VLプラン
データ容量 3GB 5GB 8GB
月額料金 音声通話 792円 990円 1,485円
データ通信 + SMS
データ通信専用 627円 825円 1,320円
Gigaプラス
(3か月ごとに付与)
3GB 6GB

nuroモバイル
公式サイトはこちら >

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧