Blackview FitBuds 1:約3,000円で2台のペアリングにも対応したネックバンド型Bluetoothイヤホン

BlackviewよりBluetoothイヤホン「FitBuds 1」をレビュー用に提供していただきました。Blackviewといえばタフネス系のスマートフォンを多く販売しているメーカーです。当サイトでもスマホの方をレビューしたことがあります。

そんなBlackviewが作ったBluetoothイヤホンはネックバンド式でIPX7の防水性能を持つものでした。飛び抜けて良いものと言うわけではありませんが、価格も3,000円程度でお手頃なものです。

Blackview FitBuds 1

Blackview FitBuds 1の内容物はイヤホン本体の他にUSBケーブルに別サイズのイヤーフックとイヤーピース、マニュアル、そして持ち運び用の袋です。イヤホンのコードがごちゃごちゃしやすいので持ち運び用に袋が付いてるのは嬉しいです。

FitBuds 1はネックバンド型のコントローラー(とバッテリー)があるBluetoothイヤホンです。黒い本体にケーブル部分が赤いのがカッコいいですね。

左側には(あまり目立ちませんが)Blackviewのロゴがあります。また、LRの表記もあるので左右を間違えることは少ないでしょう。

右の外側にはマルチファンクションボタン。これで再生/停止したり、電源のオンオフできます。なかなか大きいボタンなので押しやすくていいですね。

右の内側に音量ボタンがあります。これは長押しで曲送り・曲戻しができます。

充電はType-C

バッテリーの充電はUSB Type-Cです。さすがにイヤホンでもmicroUSBは見なくなってきましたね。

再生時間は約20時間とのこと。しばらく使っているのですが、まだバッテリー切れになっていません。

Blackview FitBuds 1の良かったところ

2つの機器とペアリングできる

FitBuds 1は2つの機器と同時にペアリングできます。いちいちペアリングを解除しなくても、片方で再生を止めて、もう片方で再生すればそちらに繋がります。

私は普段はデスクトップPCで音楽を流してるので、そちらと(外に出るとき用の)スマホとどちらにもペアリングさせておけるのは便利でした。

聴きやすい音

音質については大したことは書けないのですが、聴きやすく今まであまり気づかなかった音もちゃんと捉えられると感じました。まぁ価格も3,000円程度ですし、強く求めてはいけないと思いますが、十分な音は出てると思います。

失くしにくい

完全ワイヤレスイヤホンと違い、ちゃんとコードがあって首にかけられるので落とす心配が少ないです。持ち運び時も袋があるので安心ですね。

まとめ

正直、大きな特徴というか目立つ機能のようなものはありません。タフネス系のスマホを多く出してるBlackviewらしく防水性能もIPX7ありますが、イヤホンだとわりとこれくらいあるのも多いですしね。ですが3,000円程度のイヤホンとしては充分な性能を持っているとも感じました。

安めの完全ワイヤレスではない無線イヤホンが欲しい、ちょっとAliExpressで買い物してみたい、という人にはいいかもしれません。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧