ワイモバイル、シンプルS/M/Lにてデータくりこしに対応(8月予定)

ソフトバンクはワイモバイルの料金プラン「シンプルS/M/L」において、余ったデータ容量を翌月にくりこしできるように2021年8月予定で改定すると発表しました。

また、「データ増量オプション」についても「シンプルS/M/L」の場合は追加されるデータ量が増加されます。どちらも月額料金に変更はありません。

Y!mobile
公式サイトはこちら >

データくりこしに対応

ワイモバイルの「シンプルS/M/L」は月の高速データ通信容量が3GB/15GB/25GBで、これまでは使い切らなかった分はそのまま消えていました。これが8月予定の改定で、翌月に繰り越されるようになります。

シンプルMで10GBしか使わなかった場合は、残りの5GBが繰り越され、翌月は20GB使えるようになります。UQ mobileやほかの格安SIMではよくある機能ですが、ワイモバイルではこれまでなかった機能です。

データ増量オプションのデータ容量が増加

データ増量オプションは、料金プランの規定容量を使い切って通信速度が低速化された際に、通常速度に戻す追加料金が割引になるものです。

通常は550円/0.5GBですが、データ増量オプションを申し込んでおけば月額550円でシンプルSは1GB、シンプルMとLは3GBまで追加できます。これがシンプルSは2GB、シンプルMとLは5GBに増加されます。

料金プラン シンプルS シンプルM シンプルL
月間データ容量(規定容量) 3GB 15GB 25GB
「データ増量オプション」
(550円/月)
1GB→2GB 3GB→5GB 3GB→5GB

なお、初めて申し込むと契約翌月を1ヶ月目として1年間無料になるデータ増量無料キャンペーン2も開催中です。なので1年間は実質データ増量オプション分のデータ容量がプラスされます。

Y!mobile
公式サイトはこちら >

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧