Twitterで有料のチケット制スペース(ベータ版)の申込みが開始!

Twitterのアプリ版にて、有料のチケット制スペース(のベータ版の申込み)が開始されました。これはTwitterの音声を使ってリアルタイムで会話する機能「スペース」の参加を有料のチケット制にしたもので、これにより収益を得ることができるようになります。

チケット制スペースで「収益を得る」

Twitterのアプリでサイドメニューを開くと、その中に「収益を得る」という項目が追加されています。ここからチケット制スペース(ベータ版)の申し込みができます。

チケット制スペースは有料で販売でき、そのチケットの売上からAppleやGoogleのプラットフォーム手数料を引いた収益の最大97%を受け取ることができます。だいたいチケット売上の7割弱くらいでしょうか。販売から約45日後に受け取れます。

このチケット制スペースに申し込むには、3つの条件があります。

  • フォロワーが1,000人以上いる
  • 過去30日間にスペースを3件以上ホストしている
  • 18歳以上である

私はこれまでスペースを使ってなかったので2番目の条件が合いません…。

Twitterを使っての収益化が加速しそうですね。

申し込んでみた

これまでスペースを使ったことはほぼなかったのですが、無言のスペースを3回やってみたら申し込めるようになりました。

18禁です。

プロフィールの更新と言われましたが、何も更新せずに続けるで大丈夫でした。何も入力してないところがあると引っかかるのかもしれませんね。

スペースの内容など入力します。「おしゃべり」…これだけだとダメですかね?もっと具体的に書いたほうが良かったかも?

申込みから10日以内に連絡が来て、それから登録になるようです。

今まで使ってこなかったし、私のスペースに参加した人もほとんどいないので、そういった実績から否認されてしまうかもしれませんが…。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧