ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム、国際ローミングに対応したSIMを提供開始

ソニー系のMVNE事業者であるソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォームは6月15日より、海外でデータ通信が可能な国際ローミングSIMの提供を開始しました。日本を含む世界159の国・地域で、インターネット接続や閉域網による安全なデータ通信が可能となります。

国際ローミングSIMサービス

ソニーネットワークコミュニケーションズスマートプラットフォーム(SNCSP)はMVNE事業者なので個人向けのSIMというわけではないようですが、SIM開通タイミングを選択可能だったり、クローズドな閉域接続にも対応するといった特徴があります。主にIoT機器に使うことを想定しているようで、日本で準備した機器に今回提供開始されたSIMを装着するだけで、国内外を問わずシームレスにデータ通信が可能となります。

  • 1枚のSIMで複数キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)による通信が可能
  • SIM開通タイミングを選択可能
  • インターネット接続以外に、クローズドな閉域接続にも対応。日本国内および海外でもセキュアな接続が可能
  • 要望に応じて、標準、micro、nano、全サイズ対応できるカード型3in1(マルチカット)SIM、チップ型SIMなどを提供

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧