Google Playの手数料30%→15%引き下げの登録受付がGoogle Play Consoleにて開始

Google Playにおける、アプリ販売などのサービス手数料は現在30%ですが、これが2021年7月1日より「年間100万米ドルを超すまでは15%」になります。

ただ、すべてのデベロッパーが自動的に適用されるわけではないようで、本日よりGoogle Play Consoleにて登録受付が開始されています。

15%へのサービス手数料引き下げを適用する登録受け付け

デベロッパー向けにはそれぞれメールでお知らせが届いていると思いますが、それによるとGoogle Play Consoleにてアカウントグループを作成し、サービス手数料の利用規約に同意することで登録となるようです。

アカウントグループというのは1つの会社などで作られ、その中に複数のデベロッパーアカウントが入ります。今回の手数料15%の条件の「100万米ドルまで」というのはデベロッパーアカウント単位ではなく、このアカウントグループ単位になります。

年間の基準日は1月1日となります。2021年の場合は途中からなので、まず売上高が50万米ドルを超えない分についてサービス手数料が30%から15%に引き下げられます。登録の完了手続きが7月1日を過ぎた場合は、その登録完了日を起点として年間売上高を算出します。

Google Play Consoleで登録

「関連付けられてるデベロッパーアカウント」からアカウントグループを作成。

15%のサービス手数料に登録。

登録しているプログラムやサービスに「サービス手数料15%」が表示されました。これで7月1日以降は100万米ドル(2021年は50万米ドル)まで手数料15%に引き下げられます。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧