au、AQUOS sense3 SHV45にAndroid 11へのOSアップデートを配信開始

KDDIは、同社から販売されている「AQUOS sense3 SHV45」においてAndroid 11へのOSバージョンアップの準備が整ったと発表しました。6月8日より順次アップデートのお知らせが通知されます。

ソフトウェア更新は4G回線/Wi-Fi回線で実施可能ですが、アップデートファイルサイズが大きいためWi-Fi回線での実施が推奨されています。

Android 10へのOSアップデート

アップデート方法 更新時間 アップデートファイルサイズ
Wi-Fi利用 約20分 約1.8GB
4G(LTE/WiMAX 2+) 約20分

主な改善内容

電話

  • 「簡易留守録」のリスト画面/再生画面のデザインが変更されます。

ステータスパネル

  • ステータスパネルにて、「同期」が削除され、「スクリーンレコーディング開始」/「スクリーンレコーディング停止」が追加されます。

Google Play システム アップデート

  • Google Play システム アップデートの更新が必要になると、お知らせパネルに更新のお知らせが表示されます。

指紋センサー長押し(Payトリガー)

  • Payトリガー機能が追加され、指紋センサー長押し機能が、 Payトリガーに変更されます。

主な削除項目

OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。

電話

簡易留守録設定中のステータスアイコンが表示されなくなります。
簡易留守録が録音された場合、お知らせアイコンは従来通り表示されます。

完了後のソフトウェアバージョン

ビルド番号:03.00.00
Androidセキュリティパッチレベル 2021年5月1日

その他、詳しいアップデート内容や削除される項目など、公式のOSアップデート情報をご覧ください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧