Twitter、タイムライン上での画像サムネイルが大型化!多くの画像で全体像が把握しやすく

5月6日の朝辺りからアプリ版のTwitterにて、タイムライン上の画像サムネイルが大きく表示されるようになりました。これまでは横長のサムネイルで、縦長の画像は上下が大きく切り取られてしまいましたが、ある程度までなら全体を把握しやすくなりました。

3:4くらいの比率まで縦に広がる

これまではタイムライン上では横長の画像(16:9の比率)が表示されていましたが、これが縦に広がり、全体像が把握しやすくなりました。

およそ3:4の比率まで表示されるようになりました。それより縦長の場合は中央で切り取られます。

なお、これは画像が1枚のときのみで、複数枚の画像を投稿した際はこれまでど変わらない比率、配置になります。ただし、画像のどこを表示するのかは、微妙に変わっているようです。

またツイートの詳細表示では全体表示されるので、今回の変更は「タイムライン上で1枚だけ表示の場合」です。


Twitterでは短編の漫画を掲載する人も多いですが、1ページ漫画の場合は今回の変更でそのほとんどの部分が表示されるようになりました。戦略的にTwitterに投稿していた人たちは、またいろいろ考えなくてはならないかもしれませんね。

縦に広がったことにより、画面の多くの部分を占める大きな画像を表示できるようになりました。スマホが縦長になってきてること、縦の写真を取る人も増えてることが原因なのでしょうか。また、Twitterで宣伝したい場合にはより有効になったかもしれませんね。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧