Twitter、音声チャット「スペース」を正式スタート!フォロワー600人以上でホスト可能

Twitterは5月4日、音声チャット機能「スペース」を正式に開始しました。これは以前より一部のユーザー向けにテストされていた機能で、Twitter上で音声を使ってリアルタイムで会話する機能です。

スペースは音声チャットの「場」を作成する「ホスト」が必要で、フォロワー数が600以上のアカウントがホストできます。スペースに参加すること自体はフォロワー数は関係ありません。

音声チャット「スペース」

スペースが利用可能になると、従来右下に表示されていたツイートボタンが+ボタンに変わっており、1回タップするとスペースやツイートを選ぶ画面になります。(つまり、単純にツイートしたい場合は1タップ動作が増えることになりました。)

スペースはホストとなるユーザーと、ほかに最大10名までがスピーカーとして喋ることができる音声チャットルームです。ホストは喋ることのできるスピーカーを招待したり管理できます。

スペースを使ってる人がいると、タイムラインの一番上、フリートの欄に紫の円で表示されます。それをタップするとスペースに参加して聞いたり(リクエストして)スピーカーになることができます。

また、このスペースは現在はホストするのも聞くのも無料ですが、主催者が有料チケットを販売して開催するという仕組みや、スケジュール、リマインダーなどについても追加される予定です。大量のフォロワーを持つアカウントが有料チケットでスペースを使えば、収益化も見えてきますね。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧