これは安い!ワイモバ版OPPO Reno5 Aは定価39,600円、オンラインストアなら1.8万円引きで21,600円!

OPPOの新しいミドルレンジのスマートフォン「OPPO Reno5 A」のワイモバイル版は6月3日発売で、5月28日より予約も受付開始されています。

これに伴い価格も出ているのですが、通常の定価は39,600円で、それをオンラインストアで購入すると18,000円引きとなり、なんと21,600円で購入できます。

OPPO Reno5 Aが21,600円

OPPO Reno5 Aのワイモバイルでの定価は39,600円。ですがオンラインストアなら18,000円の割引で21,600円になります。もちろん送料も無料。

ソフトバンクまたはLINEMO、ソフトバンク回線のMVNOからの乗り換えの場合は適用外ですが、新規・他社回線からのMNP、機種変更のどれもで21,600円です。これは安い。

ワイモバイル版のOPPO Reno5 AはシングルSIM仕様になってるなど、SIMフリー版とは若干の違いがありますが、それでもこの価格は安いです。

OPPO Reno5 A

  • Snapdragon 765G
  • 6.5インチ フルHD+ TFT液晶
  • RAM:6GB ストレージ:128GB
  • 4眼(メイン64MP+モノクロ2MP+広角8MP+マクロ2MP)
  • シングルSIM+microSDXC
  • 4,000mAhバッテリー
  • 防塵防水IP68、おサイフ対応
  • 約162×75×8.2mm/約182g

SIMフリー版とワイモバイル版は仕様に若干の違いがあるので注意が必要です。(デュアルSIMとシングルSIMなど)

約6,400万画素のメインカメラなどの4眼カメラで美しい写真や動画の撮影が可能

約6,400万画素のメインカメラ、119度の超広角レンズ、マクロレンズなどの4眼カメラを搭載。街中の光を美しくぼかして被写体を際立たせたロマンチックな写真が撮影できるネオンポートレートモードや、暗い場所でも明るく撮影できるウルトラナイトモードなどに対応しています。

さらに、インカメラとアウトカメラで同時に動画撮影ができるアウトイン同時撮影機能や、撮影対象を検出し、シーンに合わせて色味などを自動調整する、AIハイライトビデオなども搭載しているため、簡単にきれいな写真や動画を撮影することができます。

約6.5インチの大画面ディスプレーで滑らかな操作が可能

約6.5インチのTFT液晶ディスプレーはリフレッシュレート90Hz(1秒間に90回の高頻度で画面が更新)なので、大画面で滑らかな操作が可能です。さらに、高性能のチップセット「Snapdragon 765G」や128GBのROM、6GBのRAMを採用、1TBまでのmicro SDカードにも対応しています。

急速充電に対応した大容量バッテリーと便利な基本機能を搭載

4,000mAhの大容量バッテリーを搭載しているため、電池残量を気にせず長時間の動画視聴やゲームを楽しむことができます。急速充電もPD(9V/2A)とQC(9V/2A)に対応します。その他、防水・防じんやおサイフケータイ、指紋認証にも対応しています。

OS Android 11
CPU Snapdragon 765G
RAM 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ microSDXC (最大1TBまで)
ディスプレイ 約6.5インチ フルHD+(2,400×1,080ドット)
TFT
メインカメラ メイン64MP+モノクロ2MP+広角8MP+マクロ2MP
フロントカメラ 16MP
バッテリー 4,000mAh
サイズ 約162 × 75 × 8.2 mm
重量 約182g
防水/防じん IP68
おサイフケータイ
生体認証 背面指紋認証・顔認証

Y!mobile
公式サイトはこちら >

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧