Google Pixel Buds レビュー:ノイキャン非対応だがGoogleらしくAndroid間の連携に優れている

Googleから発売されている完全ワイヤレスイヤホン「Pixel Buds」を購入しました。

この製品にはトレンド機能のノイズキャンセリングや外音取り込み機能も搭載されていません。しかし、翻訳機能やAndroid端末間での連携、環境音に合わせて音量を自動調整する機能など、他のワイヤレスイヤホンではあまり見かけない機能などもついています。

…とはいえ、価格設定は2万円ほど。正直、購入を見送っている人も多いでしょう。さて、この完全ワイヤレスイヤホンには2万円の価値があるのか?レビューしていきます。

外観

「Pixel Buds (Clearly White)」の本体とケースはモノトーンカラーで統一されています。主張の強すぎない落ち着いた色です。

付属品は冊子類とイヤーピース、Type-Cケーブル。

ペアリング方法や操作方法など

Pixel Budsのペアリングは簡単です。本体の蓋を開けるだけでペアリングを要求する通知が降っていきます。今までは設定Bluetoothから接続していましたが、そんな手間もいりません。これには驚きました。ちなみに、この機能は「Fast Pair」と呼ばれている機能です。(オレンジでマスクした部分はメールアドレスが表示されています)

一応、本体の裏面のボタンを長押しすることで普通にペアリングすることもできます。

その後は操作を解説してくれる画面が表示されました。

操作方法は以下のとおりです。1回タップで「ポンッ」と音がなるのはわかりやすくて助かります。

再生/一時停止 1回タップ
次の曲へ進む/通話の応答・終了 2回タップ
前の曲へ進む 3回タップ
音量を上げる 前にスワイプ
音量を下げる 後ろにスワイプ
通知の読み上げ 長押し
Googleアシスタントを起動 OK Google!と話しかける

機能面

「Pixel Buds」には様々な機能が搭載されています。それらを順番に紹介します。

アダプティブサウンドコントロール

アダプティブサウンドコントロールと呼ばれる機能があります。

これは「周囲の音に合わせて音量を調整してくれる機能」です。たとえば、家の中から外へと移動したときなど、環境音が自然と大きくなりますよね?そんな時に音量を自動で上げてくれます。

逆も同じで、静かなところに行けば自動で下げてくれます。そんな機能いる?と疑問を抱いた方ももいるかと思いますが、地味に便利な機能なんですよね。

Pixel Budsにはノイズキャンセリングが搭載されていませんが、それに代わる機能とも言えそうです。

チャイムや犬の鳴き声に反応して音量を自動調整

テスト段階の機能ですが、チャイムや犬の鳴き声に反応して、音量を自動で調整する機能も搭載しています。

「OK,Google」Googleアシスタントに対応

よくあるイヤホンではGoogleアシスタントを起動するために本体のボタンを長押ししたりしますが、Pixel Budsでは「OK, Google」と発するだけでGoogleアシスタントが起動します。

手を使わないで済むので、家の外でも常に自分の周りにGoogleアシスタントがいるようなものです。

通知の読み上げ

操作方法の欄で触れましたが、本体を長押しすることで通知を読み上げてくれます。ニュース全文を通知に埋め込むようにすれば、最新のニュースをすべて読み上げることもできそうですね。

翻訳機能付き

Google翻訳をインストールすることで翻訳機能を使うこともできます。使う場面に恵まれなかったので試せていませんが、リアルタイム翻訳がコレ1つで実現するのは夢がありますよね。

バスブースト

バスブーストも搭載されています。名前の通り、低音を増す機能です。この機能はあまり使っていませんが、低音がほしい層とそうでない層の選別がうまいことできている点には感心しました。イコライザーを使わず、純正アプリからピンポイントで調整できるのは良心的だと思います。Pixelらしい。

本体のバッテリー残量を確認できる

ケースを開くとスマホの通知欄にPixel Budsの各部分のバッテリー残量が表示されます。ケースのバッテリー残量も含めて数字で表してくれるのはわかりやすいです。

Googleアカウントと連携すればログインするだけでペアリングできる!

Pixel BudsはGoogleアカウントに紐付けることができます。そのアカウントにログインしているAndroid端末間でペアリング状態を共有できるため、複数のデバイスでペアリング作業を行わずに接続することができます。この機能、Android端末を複数台所持している方はかなり重宝すると思います。私はこの機能が便利すぎて、他のワイヤレスイヤホンが使えなくなってしまいました。

音質

音質については3つの曲を聴き、それぞれの感想を書く方式でやっていきます。回りくどい!と思った方は飛ばしてください。下の方にザックリと書いてあります。
視聴環境:Xperia 1 II×Foobar2000.バスブースト無効

Nostalgic Treasure – Luna

そこそこハイテンポな女性ボーカル。低音がやや濁っていますが、中高音は透明感があって伸びを感じます。また、バスやドラムの音などがボーカルを潰さない程度に鳴っており、バランスが取れている印象です。楽しく、音楽を聴くことができる感じですね。いわゆるリスニングよりの音です。

Future Cake – YuC’e

EDM系と女性ボーカルの組み合わせ。こちらの楽曲はEDMということでバスブーストを有効化しています。バスブーストを有効にするとズゥーンと沈みこむような重低音に変化します。でも、低音にボーカルが潰されることはありません。左右で低音がズンズンと響き、中高音は中心でしっかりと鳴っていて、まとまりのある分離感です。

Orion – Pratanallis

最後にスローペースな女性ボーカルで、第1印象としては細かいキラキラ音を明確に聴き取ることができます。また、この曲は上の2曲ほど低音が強くないため、全体を通して透き通った音で聴き取ることができました。もしかすると、PixelBudsは低音域を苦手としているのかもしれません。

端的な音の評価:バランスが取れている音

全体を通してみると、ボーカルは近すぎず、遠すぎずといったところで鳴っており、BGMが左右の後ろでしっかりとなっています。真ん中にボーカルがいて、左右のスピーカーからBGMが鳴っているイメージに近いです。また、全音域を通してバランスの取れている音をしており、どこかの音域がキツい、なんてことはありません。ただ、ボーカルに注力しているとは思います。

Pixel Budsの総評:ノイズキャンセリングは搭載されていないけどAndroid間の連携が取れるからヨシ!

Pixel Budsの総評としては、Android間の連携に優れており、ノイズキャンセリングや外音取り込み機能には非対応な完全ワイヤレスイヤホン、といったところです。

音の特徴としては中高音によっており、専用アプリから低音ブーストをかけることができます。総合的に見ると一般ウケするような箇所もありませんし、この価格で買う人はあまりいないでしょう。

でも、筆者は買ったことを後悔していません。察しのいい方ならわかるかもしませんが、筆者はAndroid端末を複数台所持しているため、ペアリングの手間が省けるのはとても助かっています。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
CloNis
AOSPベースのROMがすきです。Oxygen OSとHavoc OSがお気に入り。
⇨CloNisの記事一覧