【コラム】 OREFOLDER読者の端末はこの5年でどう変化していったのか、ブランドの隆盛を見る

スマートフォンが日本で売られるようになってもう10年以上が経ちます。その間にスマホメーカーにも様々な浮き沈み、入れ替わりがありました。

10年という長いスパンで見なくても、この1,2年OPPOがかなり伸びています。BCN+RのSIMフリースマートフォンの販売台数シェア(2021年4月)によれば、4ヶ月連続でトップに立ち、前年同月比でも307.2%と好調です。この1年で見ればXiaomiも躍進してます。

ではもっと身近で、このOREFOLDERにアクセスする読者の使用端末、そのブランドは変化しているのか、Googleアナリティクスのデータをざっくり見てみました。ざっくり。

直近30日のデバイス別の順位

直近30日(2021年4月16日~5月15日)のOREFOLDERへアクセスしたモバイル端末のデバイス情報を20位まで出してみました。

1位 Apple iPhone 20.58%
2位 OPPO CPH1983 Reno A 2.62%
3位 Apple iPad 1.88%
4位 Google Pixel 5 1.87%
5位 Google Pixel 4a 1.45%
6位 OPPO CPH2013 Reno 3A 1.40%
7位 Xiaomi Redmi Note 9S 1.20%
8位 Google Pixel 3a 0.99%
9位 OPPO CPH1943 A5 0.98%
10位 Sony SO-52A Xperia 5 II 0.95%
11位 Samsung SC-03L Galaxy S10 0.91%
12位 Google Pixel 3 0.81%
13位 Sony SO-41A Xperia 10 II 0.80%
14位 Sony SOV40 Xperia 1 0.77%
15位 Huawei MAR-LX2J P30 Lite 0.72%
16位 Sony SO-01K XZ1 0.71%
17位 Samsung SC-51A Galaxy S20 5G 0.71%
18位 Sony SO-02K XZ1 Compact 0.66%
19位 Sony SO-01M Xperia 5 0.59%
20位 Sony SO-03L Xperia 1 0.59%

うん…。一応このサイトは基本的にスマホと言ってもAndroid端末の話題を扱うサイトのつもりです。iPhoneやApple関係は話題に出すことは5年に1回くらいです。なのにiPhoneが1位というのは、なんというか、複雑な気分です。

それを抜かすと、2位にOPPO Reno A、6位にOPPO Reno3 Aが入っていて、これらが本当に売れてるのだとわかります。ただ同じXperia 1でもauのSOV40とドコモのSO-03Lは別カウントされているようですね。一方、iPhoneはおそらくどのナンバーも全部一緒になっているようです。

直近30日のメーカー別の順位

直近30日(2021年4月16日~5月15日)のOREFOLDERへアクセスしたモバイル端末をメーカー別で20位まで出してみました。

1 Apple 22.54%
2 Sony 14.19%
3 Samsung 9.58%
4 Sharp 9.11%
5 Google 6.78%
6 Huawei 5.72%
7 OPPO 5.44%
8 Xiaomi 2.67%
9 Asus 2.09%
10 Fujitsu 1.46%
11 LG 1.27%
12 OnePlus 0.83%
13 Motorola 0.81%
14 Kyocera 0.68%
15 Umidigi 0.44%
16 Amazon 0.43%
17 Mozilla 0.40%
18 ZTE 0.34%
19 HTC 0.24%
20 DoCoMo 0.22%

メーカー別にしても、やっぱりAppleでしたね…。

ただこれだとOPPOは7位にまで落ちて、その代わりに2位からはソニー(Xperia)、サムスン(Galaxy)、シャープ(AQUOS)と続きます。シャープは端末別だと20位以内に1つも入ってなかったのですが、やはり全キャリアとSIMフリーのすべてで幅広く出してるのが効いてるのでしょうか。

なお、20位にドコモが入ってますが、そういうようにカウントされてしまう端末もあるようです。

ここ5年でのメーカー別の順位

メーカー別の順位を、ここ5年くらいの同時期(5月)で抜き出してみました。

2021年 2020年 2019年 2018年 2017年
1 Apple(22.54%) Apple(23.14%) Apple(21.39%) Apple(25.43%) Sony(26.30%)
2 Sony(14.19%) Sony(16.53%) Sony(20.82%) Sony(23.29%) Apple(25.32%)
3 Samsung(9.58%) Huawei(12.13%) Samsung(12.06%) Samsung(9.80%) Asus(5.89%)
4 Sharp(9.11%) Samsung(7.70%) Huawei(10.59%) Sharp(6.78%) Samsung(5.85%)
5 Google(6.78%) Sharp(7.36%) Sharp(6.34%) Huawei(6.63%) Sharp(5.09%)
6 Huawei(5.72%) Google(5.21%) Asus(4.97%) Asus(5.90%) Huawei(5.01%)
7 OPPO(5.44%) Asus(4.13%) HTC(3.19%) Fujitsu(2.05%) Google(2.95%)
8 Xiaomi(2.67%) OPPO(1.62%) Fujitsu(1.66%) Kyocera(1.74%) Fujitsu(2.43%)
9 Asus(2.09%) Motorola(1.22%) Google(1.48%) Google(1.61%) DoCoMo(1.45%)
10 Fujitsu(1.46%) Xiaomi(1.19%) Xiaomi(1.46%) LG(1.02%) Kyocera(1.19%)
11 LG(1.27%) Umidigi(1.14%) LG(1.19%) HTC(0.91%) HTC(1.05%)
12 OnePlus(0.83%) Fujitsu(1.13%) Umidigi(1.13%) DoCoMo(0.78%) FREETEL(0.96%)
13 Motorola(0.81%) Kyocera(1.10%) Kyocera(1.09%) ZTE(0.61%) LG(0.88%)
14 Kyocera(0.68%) LG(1.09%) Motorola(0.61%) Motorola(0.58%) Softbank(0.53%)
15 Umidigi(0.44%) OnePlus(0.63%) OnePlus(0.51%) Xiaomi(0.50%) Motorola(0.52%)
16 Amazon(0.43%) HTC(0.43%) Amazon(0.39%) Microsoft(0.45%) Xiaomi(0.49%)
17 Mozilla(0.40%) Amazon(0.32%) ZTE(0.39%) FREETEL(0.38%) KDDI(0.43%)
18 ZTE(0.34%) HUAWEI(0.29%) DoCoMo(0.37%) Acer(0.38%) ZTE(0.43%)
19 HTC(0.24%) Lenovo(0.28%) OPPO(0.35%) Amazon(0.35%) Microsoft(0.38%)
20 DoCoMo(0.22%) ZTE(0.26%) Microsoft(0.29%) Softbank(0.23%) Amazon(0.23%)

2017年はSonyがAppleに勝ってたのか…。なぜかHuaweiとHUAWEIが分かれてる年もありますが、細かいことは気にしないということで。

浮き沈みがわかるようにグラフにしてみました。

これはあくまで当サイトへのアクセス数によりグラフなので、これがそのまま世間でのスマホのシェアというわけではありません。ですが、なんとなく体感的なシェアの増減とそう違わない気もします。

このデータを今後どう活かすのか

AppleというかiPhoneが(Android系サイトのはずなのに)上位というのはずっとわかっていたのですが、Xperiaがここまで下がり続けているのはちょっと意外でした。昔が強すぎたのかもしれませんが。私も以前はXperiaをメインにしてましたしね。

このデータを重要視するなら、このサイトも今後はiPhoneの情報を載せていくのがいいんでしょうね。まぁ私がiPhoneにそこまで興味ないので書かないのですが。iPhoneの情報をこのサイトで書きたい!というライターが出てきたら…また考えますかね。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧