Android 12 ベータ版リリース!PixelをはじめシャープやASUSもテスト用デバイスとして適用可能

Googleは現地時間5月18日、開発者向け会議Google I/Oの基調講演にてAndroid 12のベータ版を発表しました。

Android 12はUIデザインやセキュリティなど多くの面で新しくなります。UIデザインとしては、Android 5から使われてきたマテリアルデザインの新たな段階「Material You」で統一されています。

ベータ版はGoogleのPixelシリーズをはじめ、11社のスマートフォンでテストできるようになります。あくまで開発者向けではありますが。その11社はGoogle、ASUS、OnePlus、OPPO、realme、シャープ、TECNO、TCL、Vivo、Xiaomi、ZTEです。

ダイナミックでパーソナルな新しいデザイン

Android 12では、Androidの歴史の中で最大のデザイン変更が行われます。これはMaterial Youと呼ばれるデザイン言語で、色から形、光、動きなど、スマホで体験するすべてを再考し、より表現力豊かで、ダイナミックで、パーソナルなものです。

まずはPixelシリーズにて適用されるようですが、新しいデザインでは壁紙から色を抽出して、ウィジェットの色を自動的に変化させます。

この色の変化はウィジェットだけでなく通知領域やロック画面、音量スライダーなどOS全体の色を変化させます。これによりAndroid12はよりパーソナルなものになります。

(実際のアニメーションはGoogleのページで確認できます。8MB以上ありますが。)

Android 5.0のときのマテリアルデザインでは実際に物があるような影などが重要でしたが、新しいMaterial Youでは動きがよりなめらかで流れるようにアニメーションします。例えばロック画面の通知の1つを消去すると、まとまっていた通知が個となり角の丸みが変化し、それも消すと時計が大きく表示されます。

(実際のアニメーションはGoogleのページで確認できます。9MB以上ありますが。)

通知領域も大きく変化します。クイック設定パネルはより大きくなり、もちろんカスタマイズ可能です。また、Android 11でもそうでしたがGoogle Payやホームコントロールもここに含まれます。

セキュリティの強化

Android 12では、アプリがマイクやカメラにアクセスしていると右上にそれがわかるように新しいインジケータが表示されます。(上の表示のあとドットになります)

これらは通知領域からシステム全体ですぐにオフにすることができます。

ベータ版を提供開始

Android 12のベータ版はすでにPixelシリーズなどで適用可能です。各社によって適用方法は異なり、GoogleのPixelの場合はAndroid Beta Programのページにアクセスし、端末を登録すると、端末に通知が来て適用することができます。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧