ソニー、Xperia 1 III、Xperia 5 III、Xperia 10 IIIを発表!2021年初夏以降に発売!

ソニーは4月14日、2021年のフラッグシップモデルとなる新しいXperia、「Xperia 1 III」エクスペリア ワン マークスリーおよび、性能はほぼそのままにコンパクトになった「Xperia 5 III」エクスペリア ファイブ マークスリー、5Gにも対応したミドルレンジ「Xperia 10 III」エクスペリア テン マークスリーを発表しました。3機種とも2021年初夏以降に発売予定で、日本ではXperia 1 IIIとXperia 10 IIIが予定されています。

可変式望遠レンズと4K 120Hz有機ELディスプレイ搭載のXperia 1 III

Xperia 1 IIIは5Gのミリ波帯・Sub6に対応するフラッグシップスマートフォンです。
ディスプレイは6.5インチでアスペクト比が21:9のシネマワイドディスプレイで、外観的には前モデルのXperia 1 IIと大きな違いはないように見えますが、世界で初めてのリフレッシュレート120Hz駆動の4K HDR対応有機ELディスプレイとなっています。

また、背面カメラは焦点距離16mm(F2.2)の超広角レンズ、24mm(F1.7)の広角レンズに加えて、高いオートフォーカス性能を備える世界初の可変式望遠レンズを搭載します。これは1つのレンズで70mm(F2.3)と105mm(F2.8)の2つの焦点距離を備え、大切な一瞬を鮮明に切り取ります。

SoCにはQualcomm Snapdragon 888 5G Mobile Platformを搭載し、RAMは12GBでストレージは256GBまたは512GB、最大1TBのmicroSDXCにも対応します。バッテリーは4500mAhの大容量を搭載し、Qi規格のワイヤレス充電にも対応します。

カラーはフロストブラック、フロストグレー、フロストパープルの3色。どれも背面は反射の抑えられたものとなっています。2021年初夏以降に日本を含む国・地域で発売予定。

日本ではauとソフトバンクからフロストブラックとフロストパープルが販売され、どちらも2021年6月中旬以降の発売予定です。

性能をほぼそのままにコンパクトになったXperia 5 III

Xperia 5 IIIは性能はほぼそのままにコンパクトにしたモデルです。ディスプレイは6.1インチで解像度もFHD+ですが120Hzリフレッシュレートの有機ELという点は同じです。SoCも1 IIIと同じくSnapdragon 888 5G Mobile Platformを搭載。

こちらは日本のソニーのプレスリリースでは出てないので今のところ日本での発売は未定です。

ミドルレンジモデルのXperia 10 III

Xperia 10 IIIはXperiaのミッドレンジモデルとしては初めて5Gに対応するハンドフィットサイズのスマートフォンです。
前モデルから上下左右のベゼル幅が減り、縦約154m、横約68mmのスリムなハンドフィットサイズとなりました。それでいてバッテリーは25%増の4,500mAhを搭載します。

SoCにはQualcomm Snapdragon 690 5G Mobile Platformを搭載し、RAMは6GBでストレージは128GB、最大1TBのmicroSDXCにも対応します。

カメラは焦点距離27mmの広角レンズと、焦点距離16mmの超広角レンズ、焦点距離52mmの望遠レンズのトリプルレンズカメラを搭載。料理や人物に加え、子供・ペットなどの動く被写体にも強くなりました。

カラーはブルー、ピンク、ホワイト、ブラックの4色。背面は上質感のあるガラス素材、フレームは手にフィットしやすいマット仕上げのラウンド形状です。Xperia 1 IIIと同じく2021年初夏以降に日本を含む国・地域で発売予定。

日本ではauから、2021年6月中旬以降の発売予定です。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧