Redmi Note 9T レビュー:さすがのコスパ抜群スマホ!これでソフトバンクじゃなければもっと良かったのに…

Xiaomiのミドルレンジスマートフォン「Redmi Note 9T」を購入して1ヶ月ほど使ってみました。MediaTek Dimensity 800Uを搭載し、十分以上に動いてくれる上におサイフケータイも搭載、そして5Gにも対応したモデルです。

SIMフリーではなくソフトバンクからの販売となっていますが、移動機物品販売でも購入でき、その価格も21,600円とかなりコスパの高い製品です。実際に使ってみての良いところイマイチなところをレビューしていこうと思います。

  • 価格から考えられないほどのパフォーマンス
  • バッテリー持ちもよく使いやすい
  • 5G・おサイフケータイ対応
  • ソフトバンク販売による入手性とプリインアプリの多さ

Redmi Note 9Tの概要とスペック

Redmi Note 9TはXiaomi制のミドルレンジスマートフォンで2021年2月26日にソフトバンクから発売されました。

Xiaomiの中でも低い価格帯のRedmiシリーズで、SoCにはMediaTek Dimensity 800Uを搭載でRAMは4GB、ディスプレイは6.53インチのフルHD+、バッテリーは5000mAhの大容量、背面カメラは4800万画素の3眼カメラというミドルレンジのスマホです。

主なスペック

OS MIUI 12(Android 10準拠)
CPU MediaTek Dimensity 800U
RAM 4GB
ストレージ 64GB
外部メモリ microSDXC (最大512GBまで)
ディスプレイ 6.53インチ 2340×1080 (FHD+)
メインカメラ 48MP+マイクロカメラ2MP+深度カメラ2MP
フロントカメラ 13MP
バッテリー 5000mAh
サイズ 約162 × 77 × 9.1 mm
重量 約200g
対応バンド(抜粋) 5G:n77
4G:1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 26 / 28 / 38 / 40 / 41 / 42
その他 おサイフケータイ対応
デュアルスピーカー
サイドマウント指紋認証センサー

デザイン

開封の様子など、外観についてはファーストインプレッションの記事もありますので、こちらもどうぞ。

前面カメラはパンチホールで左上に。使ってると気になることはほとんどありません。上下左右のベゼルも、ちょうど使いやすい程度の太さに感じます。

背面のカメラ周りは丸くなっていて特徴ありますね。カメラのそばにモバイル非接触IC通信マーク。仕方ないと思いますけどなんだか中途半端な位置ですね。
Redmiロゴの下には5G。キャリアの5Gロゴではなくオリジナルです。

背面はプラスチック製ですが、細かい凹凸の加工がなされており、ザラザラと布張りのような感触があります。これのおかげで指紋がつくこともなく光の反射も独特なものになります。高級感があるわけではありませんが、なかなか気に入ってます。手に持つたびに「あぁ、これ好きだわ~」と心のなかでつぶやいています。

右側面に電源ボタンを兼ねた指紋センサーがあります。やはりこれは使いやすいですね。

パフォーマンス

Redmi Note 9TはSoCにMediaTek Dimensity 800Uを搭載し、RAMは4GBでストレージは64GBです。メインで使用するスマホとしては、ちょっと物足りないかな?とも思いますがサブとして使ってる分にはそこまで気になるものはありませんでした。SDカードも使えるのでアプリの入れすぎに気をつければ、ストレージの少なさもカバーできるでしょう。

各種ベンチマーク結果

いつものようにベンチマークアプリを使おうとしたのですが、Geekbench5と3Dmarkはうまく動いてくれず、AnTuTuのみです。結果は281,325点で、Redmi Note 9Sなどと同じくらいでした。

似た点数のほかのスマホと比べると以下の通り。

Antutu Geekbench 3DMark
Single Multi
Pixel 5 294472 598 1531 2064
Pixel 4a (5G) 283787 588 1598 2006
Redmi Note 9T 281375
Redmi Note 9S (6GB/128GB) 277808 566 1783 2497
Mi Note 10 Lite (6GB/64GB) 270258 528 1666 2434

そのほか、当サイトでレビューしてきた端末のベンチマーク結果は以下のページに纏めています。こちらも参考にどうぞ。

実際の操作感はグッド

最近のミドルレンジはどれもそうですが、通常の使用で引っかかりを感じるようなことはほとんどありません。ゲームに関しては原神、ウマ娘、ガンダムブレイカーモバイルなどをプレイしてみましたが、どれでも快適にプレイできました。

ゲーム以外のアプリでももちろん快適に利用できます。価格が価格なので少々なめていたところもあるのですが、意外としっかりしているのでコスト感覚がおかしくなりそうです。

カメラ

Redmi Note 9Tのカメラは3眼で、約4,800万画素のメインカメラ、約200万画素のマクロカメラ、約200万画素の深度カメラとなっています。超広角がないので、そこを重視する人には辛いかもしれませんね。

これまでに撮影した写真の中からサンプルとしていくつか掲載します。


室内で撮ったお弁当の写真はちょっと青白く見えたりAIの補正がきつかったりしますが、そのほかの写真は十分きれいなものが撮れる印象です。

そこまで派手ではありませんが、ちゃんと撮れてる、といった印象です。

左:通常 右:ポートレート

ポートレートモードで撮ると少し雰囲気というか色合いが変わる気がします。今回は人物を対象とした写真は撮ってませんが、それでもより良い感じにボケてる気がします。

カメラにこだわるのある人であれば、超広角もありませんし、もう一つ物足りないと感じるかもしれません。私くらいの軽い気持ちで撮影する人であれば、十分満足できると思います。

バッテリー持ちは意外と良い

バッテリーは5000mAhあり、1日使うのに十分なものを積んでます。さすがにゲームなどしてるとガンガン減っていきますが、SNSやウェブブラウジング程度であれば、けっこう長い間使ったつもりでも意外とバッテリーは減ってません。

あまり使わなければ2日間も大丈夫ですが、ゲームなどするなら寝る間に充電したいところ。1日はちゃんと持ちます。

サイドの指紋センサーと顔認証

Redmi Note 9Tはサイドに電源キーを兼ねた指紋センサーがあり、また顔認証にも対応しています。指紋センサーは反応も上々でサイドにあるので机の上に置いた状態でもかんたんにロック解除できます。

顔認証も反応悪くないですし、「持ち上げると画面オン」があるので組み合わせると便利です。わりと、持ち上げてから指紋センサーに触れようとするとその前に顔認証でロック解除されるときもあります。

私の場合、このあたりの反応の良さが使いやすさに繋がっています。

MIUIは好みあり

Redmi Note 9TはAndroid 10ベースのMIUI 12です。デフォルトのホーム画面はドロワーあり/なしどちらも選べます。

ナビゲーションバーも3ボタンのものとジェスチャーと、どちらでもOKですし、Nova Launcherなどに変更した場合もジェスチャーのままで大丈夫です。

MIUIは見た目もメニューの並びも素のAndroidとはかなり変わっています。慣れないうちは目的のものにたどり着くまでに時間かかってしまうかもしれません。

これが使いやすいという人もいますし、慣れと好みでしょうね。個人的にはPixelやAQUOSのような素のAndroidに近いものが好きなので割と戸惑います。

また、MIUIでは様々なところで広告が出てきたりします。これは設定でオフにできるのですが、そういったところが面倒だったりしますね。Redmi Note 9Tはソフトバンク端末ということでプリインストールのアプリも多めです。なんとかすれば、ある程度はなんとかなるのですが、その設定はやはり面倒です。

まとめ:メインでもサブでも優秀なコスパ端末

細かいことを挙げていけば書ききれなくなるのですが、この辺りでまとめていきたいと思います。

Redmi Note 9Tの良いところ
  • 驚くべきコストパフォーマンス
  • サラサラな感触が良い背面
  • 大抵のアプリは不自由なくしっかり使える
  • バッテリー・カメラも十分使える
  • 5Gやおサイフケータイにも対応するのでメインで使える
Redmi Note 9Tのイマイチなところ
  • 片手で持つには大きく重い
  • 最初から貼ってある保護シートはいまいち
  • ソフトバンク契約以外で買おうとすると面倒
  • ソフトバンク系のプリインアプリが多くて邪魔

全体的に軽快で、通常の使用でそう困ることはないでしょう。意外としっかり動きますしディスプレイも大きく、側面指紋センサーや顔認証などが私の使い方に合っていたのか、サブスマホとして隙間時間にスマホを使うときには自然と手が伸びる端末になりました。

昨年のRedmi Note 9Sもそうでしたが、非常にコストパフォーマンスが良いと感じます。本当は「コストパフォーマンス」ってあまり使いたくないのですが、この端末はもう本当にそう思います。

性能的にはRedmi Note 9Sと似たようなものですが、Redmi Note 9Tは5G対応とおサイフケータイという特徴があります。これのおかげでサブだけでなくメインでもしっかり使えるという印象です。

購入時はわりと「安いから買う」という部分もあったのですが、この1ヶ月使っているうちにすっかり気に入ってしまいました。これから長く使っていけるのではないかと考えています。

やっぱりソフトバンク専売じゃなくてSIMフリーでも出してほしかったなぁ…。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧