Redmi Note 10 Proが発売!人気で初日からいきなり品薄状態に

XiaomiのSIMフリースマートフォン、「Redmi Note 10 Pro」が4月16日に発売されました。1億800万画素4眼カメラやリフレッシュレート120Hzの有機ELディスプレイ、5020mAhのバッテリーを搭載したハイミドルレンジのスマートフォンです。

価格は34,800円(税込)で、Amazonなどのほか、MVNOでも販売されます。が、そのコストパフォーマンスの良さからかAmazonでは記事執筆時点でグレーとブルーについては4月27日入荷予定でブロンズのみ購入可能となっています。IIJmioではMNP限定で特価19,800円になっており、初日分は完売したようです。(毎日10時頃再販予定)

IIJmioでは19,800円の特価

IIJmioではギガプラン登場記念キャンペーンを実施中で、Redmi Note 10 Proもスマホ大特価セールの対象となっています。MNP限定ですが、5月31日まで通常価格32,450円(税込)が19,800円(税込)となります。

ただでさえコストパフォーマンスの良いRedmi Note 10 Proが更に特価となってることから、初日分は早々に完売したようです。毎日10時頃に再販予定となっているので、興味がある方は狙ってみてはどうでしょうか。

IIJmio
公式サイトはこちら >

1億800万画素4眼カメラ

Redmi Note 10 Proはメインカメラが1億800万画素の4眼カメラを搭載します。画素数だけでなく、9-in-1ビニング技術により、画素をより大きな2.1μmの画素に合成し、光感度を900%向上させています。また、RAWマルチフレームによるナイトモード2.0で、暗いシーンもノイズを低減して鮮明に撮影できます。

メインの1億800万画素広角カメラのほかは、800万画素の超広角カメラ、500万画素の望遠接写カメラ、200万画素の深度センサーとなっています。

また、フロントカメラとメインカメラの両方を使って1つの動画を作成するデュアルビデオや、複数のパーツを撮影して自分が4人いるようなクローン作成もできます。

120Hz有機ELディスプレイ

ディスプレイは6.67インチのAMOLED(有機EL)ディスプレイを採用。解像度は2400×1080のフルHD+です。120Hzのリフレッシュレートと240Hzのタッチサンプリングレートで、なめらかで応答速度も速いディスプレイになっています。

33W急速充電可能なバッテリー

バッテリーは5020mAhの大容量で、充電も33Wでわずか30分で59%の充電が可能な充電器が付属します。
また、スピーカーはRedmi 9Tなどと同じようにデュアルスピーカーとなっています。

このほか、前面カメラ部分は2.96mmの極小さなドットに収まっており、指紋センサーはサイドに配置、イヤホンジャックもあります。カラーはオニキスグレー、グレイシャーブルー、グラディエントブロンズの3色。

OS MIUI 12 (Android 11準拠)
CPU Snapdragon 732G
RAM 6GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.67インチ 2,400 x 1,080 (フルHD+) AMOLED
メインカメラ 1億800万画素 広角カメラ(f/1.9)+ 800万画素 超広角カメラ(FOV 118°)+ 500万画素 望遠接写カメラ + 200万画素 深度センサー
フロントカメラ 1600万画素
バッテリー 5020mAh
サイズ 約164 × 76.5 × 8.1 mm
重量 約193g
防滴、防塵 IP53
生体認証 側面指紋センサー、AI顔認証
対応バンド 4G:FDD-LTE B1 / 2 / 3 / 4 / 5 / 7 / 8 / 12 / 17 / 18 / 19 / 20 / 26 / 28 / 66
4G:TDD-LTE B38 / 40 / 41(2545-2650MHz)
3G:WCDMA B1 / 2 / 4 / 5 / 6 / 8 / 19
2G:GSM 850 900 1800 1900 MHz

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧