Mi Smart Band 6 購入!大きさは同じで画面がさらに大きくなって見やすい!

XiaomiのMi Smart Band 6(Mi スマートバンド 6)を購入しました。日本ではまだ発売されていない、中国モデルです。

今回はbanggoodで購入しました。4月12日の夜に注文して20日の午前中に到着。海外ショップにしてはかなり速かったですね。価格は5,900円くらいでした。

Mi Smart Band 6 開封の儀

Mi Smart Band 6の箱は前モデルのMi Band 5と同じく縦長の箱です。下側はマニュアルが入ってるだけで、あとは本体と専用のマグネット充電ケーブルが入ってます。

中国版なのでマニュアルも当然中国語です。読もうと思えばGoogleレンズを使えば読めそうです。QRコードでスマホのアプリダウンロードページへ行きます。Xiaomi WearMi Fitのどちらでも大丈夫なようですね。私はこれまでと同じMi Fitで行こうと思います。

Mi Fitアプリは日本語化されてますし、アプリから「デバイスの追加」でMi Smart Band 6と連携させれば日本語でできるので何の問題もありません。さくっとペアリング完了。

画面がかなり大きくなった

Mi Smart Band 6の特徴はいくつかありますが、目立つのはディスプレイが更に広がったことですね。Mi Band 4は0.95インチ、Mi Band 5は1.1インチ、それがMi Smart Band 6は1.56インチまで大きくなっています。

Mi Band 5と比べると、横幅(時計の大きさ)は若干大きくなった程度ですが、縦に広がってるのがわかります。Mi Band 5は下部にボタンがありましたが、そこもディスプレイになっています。

画像を使ったウォッチフェイスにするとディスプレイ領域がわかりやすいですね。Mi Smart Band 6も左右のベゼルはそれなりに広いです。やはり黒ベースのウォッチフェイスが無難でしょうか。

肌に接する部分のセンサー類は配置が若干変わってます。とは言ってもあまり気にすることはないですね。

充電はMi Band 5と同様に専用のマグネット充電ケーブルを使って行います。もちろんバンドから外さずにセットできます。というかケーブルはMi Band 5と共通です。ちなみに本体の大きさも変わらず、バンドも5と共有できます。

充電中の表示がディスプレイをフルに使った形でかっこよくなってました。

Mi Band 5は購入当初はバッテリーが14日くらいもったのですが、1年経たないうちに10日ほどしか持たなくなってしまいました。Mi Sart Band 6も同じく14日間と言いますが、ディスプレイが大きくなった分どうなるのか、また劣化はどうなのか、気になります。

2021年のスマートバンド

というわけで、なんだかんだMi Band 3から毎年買い替えてるMi Bandシリーズです。4から5での変化はあまり大きくありませんでしたが、5から6はどうでしょうね。これからじっくり使って確かめていきたいと思います。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧