5Gに対応したタフスマホ「TORQUE 5G KYG01」au限定で2021年3月26日発売!

KDDIは京セラ製のタフスマホTORQUEシリーズで初の5Gに対応した「TORQUE 5G KYG01」を3月26日よりau限定で発売すると発表しました。3月17日午前10時より予約を開始します。価格は88,885円。

またアウトドア用品ブランドのColemanとコラボレーションした限定モデル「TORQUE 5G Coleman LIMITED」も期間限定で予約販売します。

TORQUE 5G

TORQUE 5Gは耐衝撃や耐海水、耐氷結などの別格の耐久性を持ったTORQUEシリーズ初の5G対応モデルです。京セラ独自の落や耐薬品の試験を含む28項目の試験をクリアした、アウトドアで活躍できるスマートフォンです。さらに、アウトドアで思いっきり使ったあとは泡ハンドソープでの洗浄やアルコール除菌シートでのお手入れも可能。

スペックとしては Snapdragon 765を搭載し、6GBのRAMと128GBのストレージ、1TBまでのmicroSDXCカードも対応します。ディスプレイは約5.5インチで、こちらも割れにくくなっています。バッテリーは4,000mAhで、OSはAndroid 11を搭載、おサイフケータイにも対応しているので普段使いにも使えます。

OS Android 11
CPU Snapdragon 765
RAM 6GB
ストレージ 128GB
外部メモリ microSDXC (最大1TBまで)
ディスプレイ 5.5インチ 2,160×1,080(FHD+) IPS液晶
メインカメラ 約2,400万画素CMOS + 約1,600万画素CMOS
フロントカメラ 約800万画素CMOS
バッテリー 4,000mAh
サイズ 約167 × 75 × 14.8 mm(最厚部20.3mm)
重量 約248g
耐衝撃/防水/防塵 耐衝撃(MIL-STD-810H Method 516.8:Shock-Procedure IV)
防水(IPX5/IPX8)/防塵(IP6X)
生体認証 指紋、顔
ワイヤレス充電
おサイフケータイ

独自機能も盛りだくさんのカメラ

カメラは通常の撮影のほか、日時/速度/高度/天気など、撮影時の情報を写真や動画に重ねて撮影できます。ベースとなる「Action Overlay」の他、「Bike」、「Fishing」のモードもあります。

さらに、メイン/ワイドカメラとサブカメラを同時撮影し、それぞれの絵をミックスして、ひとつの写真/動画として撮影できます。

豊富なオプション

TORQUE 5Gはオプションも豊富に用意されています。今回は新しくカメラネジに対応した専用マルチホルダーが登場。市販の撮影スティックや三脚、自転車用のマウントに取り付けが可能です。

専用ハードホルダーはバックルと落下防止のパラコードを新たに追加し、ズボンやリュックに取り付けたまま操作可能に。水中で手を離しても浮かび上がるフローティングストラップはハードホルダーとのジョイントも可能になりました。

バッテリーは取り外し可能で、予備の電池パックと、バッテリー単体で充電できる充電器も別売りされます。

Colemanコラボモデル「TORQUE 5G Coleman LIMITED」

アウトドア用品ブランドのColemanとコラボレーションした限定モデル「TORQUE 5G Coleman LIMITED」も期間限定で予約販売されます。

TORQUE 5Gのレッドをベースに背面カバーはコールマン120周年記念アイテムのテーマカラーをベースにした、カモフラレッド。特別仕様のパッケージにオリジナルの起動アニメーションなどが特徴です。

こちらは2021年5月5日午後11時59分まで期間限定の予約販売となります。商品の受け渡しは2021年4月下旬以降の予定となっています。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧