パスワード管理アプリをLastPassからBitwardenへ移行!かんたんにインポートできました

パスワードの管理アプリとして『LastPass』を使っていたのですが、『Bitwarden』へと移行することにしました。

LastPassは2021年3月16日から(無料アカウントの場合は)PCかモバイルデバイスか、どちらかでしか使えないようになります。有料アカウントにしてもいいかな、と思ったのですが、LastPassのニュースに対するコメントでほかにも無料で使えるサービスがいくつも紹介されていました。軽く調べた中で良さそうだった『Bitwarden(ビットウォーデン)』を導入・移行してみました。

LastPassからデータをエクスポートしてBitwardenへインポート

LastPassでこれまで使ってきたパスワードはまとめてエクスポートして、Bitwardenへとかんたんにインポートできます。これさえ行えば、すぐに移行できるでしょう。

詳しいやり方は以下のサイトで解説されていました。これを参考にするといいでしょう。

Bitwardenのアカウントを作成

まずはBitwardenのアカウントを作成します。サイトから新規アカウントを作成してもいいですし、アプリからでも可能です。公式サイトは英語なので、日本語化されてるアプリのほうがわかりやすいと思います。

Google playBitwarden パスワードマネージャー
Bitwarden パスワードマネージャー
制作: Bitwarden Inc.
価格: 無料

ダウンロード

なお、スクリーンショットが撮れないようになっているので、アプリの画面はありません。

LastPassでデータをエクスポート

LastPassから、これまでのパスワードなどのデータをエクスポートします。アプリだとよくわからなかったのでブラウザで公式サイト上でやります。スマホでもできますが、スマホには最適化されていないのでPCでやったほうが良いです。

LastPassにログインし、左のメニューから「Advanced Options」→「Exports」と進みます。
するとLastPassに保存されたパスワードなどのデータがすべてテキストで表示されます。これをcsvファイルで保存するか、とりあえずコピーします。

Bitwardenでインポート

続いてBitwardenに移行してデータをインポートします。

上のメニューから「ツール」を選び、「データのインポート」と進みます。
インポートするファイルの形式として「LastPass(csv)」を選び、csvで保存した場合はそのファイルを選択、そうでない場合はコピーしたものをテキストエリアにペーストして「データをインポート」します。

これでLastPassのデータがインポートされました。

スマホやブラウザで設定

これであとはスマホの設定で自動入力サービスをBitwardenに変更すれば、パスワード入力時に「Bitwardenで自動入力」と出てくるようになります。PCの場合はそれぞれのブラウザで拡張機能を入れるといいでしょう。

LastPassのアカウントを削除

LastPassを使わなくなったら、アカウント(と中のデータ)を削除してしまいましょう。LastPassでログインした状態で以下のページにアクセスし、「Delete」をクリックすればLastPassのアカウントを削除できます。

私はとりあえず1週間ほどはBitwardenを使ってみて、問題なければLastPassのアカウントを削除しようと思います。

まとめ:思ったよりもかんたん

データのエクスポートとインポート、新しいサービスへの移行、なんだか面倒そうでしたが、やってみればあっという間でした。

また、移行したBitwardenもアプリを見るとちゃんと日本語化されており、LastPass(も一応アプリの日本語化はされてましたが)よりもわかりやすく感じます。使い方は似たようなものですしね。

こういったパスワード管理アプリはほかにもたくさんあるのですが、私はBitwardenでやっていけそうです。とはいえ、他の人がどんなものを使っているのかも興味ありますので、少ししたらアンケートをやってみたいと思います。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧