Google Playのサービス手数料が年間100万米ドルまでは30%→15%に引き下げ!

Goolgeは3月16日、Google Playにおけるサービス手数料を引き下げると発表しました。アプリ内でのデジタル商品の販売による収益の合計が年間100万米ドルを超すまでまでは15%になります。

すべてのデベロッパーが公平に30%→15%

これまではGoogle Playにおけるサービス手数料はアプリやアイテムの価格の30%となっていました。これが2021年7月1日より、年間合計収益が100万米ドルに達するまでは15%に引き下げられます。

これはすでに年間収益100万米ドルを超えてるデベロッパーにも適用され、毎年のGoogle Playにおけるアプリ内でのデジタル商品の販売による収益の合計が 100万米ドルに達するまでの部分が15%に引き下げられます。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧