体温計センサー搭載スマホがパワーアップ!UMIDIGI A9 Maxが2021年3月に200ドル程度で発売予定?

HIGHLIGHTS
  • UMIDIGI A9 ProがよりパワフルになったUMIDIGI A9 Max
  • A9 Maxは8GB RAMと新しいカメラモジュール、そして新しいカラーで登場
  • 3月中に発売される可能性があり、Android 11を搭載

日本のAmazonでもUMIDIGI公式ストアから販売されてる、体温計機能を搭載したUMIDIGI A9 Proが好調に売れているようです。Helio P60や4眼カメラを搭載して約150ドル、Amazonだと22,969円のUMIDIGI A9 Proですが、もう少しスペックが欲しいところ。そんな声に応えてUMIDIGI A9 Maxが登場します。

UMIDIGI A9 Maxのレンダリング画像を見ると、カラーはきれいな薄い青に変わっていますが、A9 Proと似たものを感じます。

A9 Proと同じように4眼カメラと赤外線体温計センサーが配置されています。UMIDIGIによればこれも改善されており、より正確な体温が計れるようになっているようです。

両面2.5D曲面ガラスと金属フレームデザインを備えた6.3インチFHD+ディスプレイを搭載し、そしてトップにある画像を見て分かるようにRAMは8GB搭載のようです。

OSはAndroid 11を搭載し、2021年3月中に200ドル未満の価格で発売される予定です。2021年3月はグローバルでの発売日でしょうが、最近日本のAmazonや楽天市場でも正式に販売し始めたので、日本でも発売されるかもしれませんね。

これ以上はまだわかってない状態ですが、今後も何らかの情報が来ればお知らせします。


なお、UMIDIGIは公式サイトにてUMIDIGI A9を10台プレゼントするいつもの企画を開催中です。興味ある方はそちらもチェックしてみてください。

※この記事はUMIDIGIより依頼され、用意された記事を日本語訳した広告記事です。
OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧