楽天モバイルのeSIMをnanoSIMにカード交換してみました

今話題の楽天モバイル、昨年4月の本格スタート時からeSIMで使っていたのですが、少し思うところもありnanoSIMにカード変更してみました。

楽天モバイルはこうしたSIM交換も手数料無料なので気軽にできるのが良いですね。

楽天モバイル
公式サイトはこちら >

eSIMからnanoSIMへ交換

SIM交換は「my 楽天モバイル」の「契約プラン」にある「各種手続き」から行います。「SIM交換」というメニューがあリます。

理由は「その他」で、詳しく書く必要はありません。送料も手数料も0円です。

夜に申請して翌々日の昼には届きました。説明の紙やチラシは入っておらず、SIMカードとそのケースのみです。ちょっとオシャレ感あります。

ちなみに、ここまでもnanoSIMと書いてますが、マルチカットなSIMなのでほかのサイズでも使えます。

SIMが届いたら開通手続きが必要です。この時点ではまだ前のeSIMは利用できる状態で、この開通手続きをすることでeSIMからnanoSIMへと回線が移動するわけです。なので不通期間というのは極僅かになります。

この日はアプリのmy楽天モバイルがうまく起動しなかったのでウェブのmy楽天モバイルから操作しました。メニューの申込み履歴から準備中となってるものをタップします。

下の方に「SIMの初期設定をする」があるのでタップします。これでnanoSIMの方に切り替わります。ステータスバーの表示も「Rakuten」から「モバイル通信がありません」(緊急通報のみ)に切り替わります。

あとは送られてきたSIMをスマホに入れればOKです。APN設定をするまでもなく、自動でセットされて通信できる状態になりました。ちょっとあっけなさ過ぎて逆に心配になりましたね…。


eSIMはeSIMで便利なのですが、物理的なSIMカードのほうが取り回ししやすい面もあります。対応端末も多いですしね。(あとは楽天モバイルのSIMカード台紙が欲しかったというのもあります。)

それにしても、やはりSIM交換しても手数料や送料が無料というのは強いですね。それがなかったらやってなかったと思います。nanoSIMカードで試したいこともあるので、ちょっと楽しみです。

楽天モバイル
公式サイトはこちら >

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧