2021年春の新機能!Androidにパスワードのオートフィルとチェックアップが統合など6つの新機能

Googleは2月23日、Googleアシスタントがハンズフリーで利用可能になる、パスワードのオートフィルとチェックアップを統合など6つの新機能を発表しました。

Androidのパスワードチェックでアカウントを安全に保つ

パスワードを入力する時に、Androidのシステムに保存されたパスワードを自動で入力してくれる「オートフィル」という機能があります。Android 9以降の端末において、これにパスワードチェックアップが統合されます。

パスワードチェックアップは既知の侵害されたパスワードのリスト(すでに盗まれてWebに投稿されている可能性のあるパスワード)と照合され、該当するものがあれば警告が表示されるようになります。

メッセージアプリに予約投稿が追加

『メッセージ』アプリにおいて、作成したメッセージをあとで送る「スケジュール送信」の機能が追加されます。誕生日のおめでとうメッセージを0時ちょうどに送ることもできますね。

TalkBackを使用して、画面を見る必要はありません

目の不自由な方やディスプレイが見づらい方のための、Androidのスクリーンリーダー「TalkBack」の新バージョンが利用可能になりました。音声フィードバックとジェスチャーを使用して、TalkBackはAndroidをさらにアクセスしやすくし、画面を見なくても完全な電話体験を開きます。

Googleアシスタントがハンズフリーに対応

Googleアシスタントが、スマホをロックしてる状態でも使えるようになります。わざわざスマホを手に取らなくても、手が離せない状態からでも、「OK, Google」といって音声を使って電話をかけたり、タイマーやアラームを設定したり、音楽を再生したりできます。

この機能はアシスタント設定で「ロック画面でのアカウントに基づく情報」をオンにすれば利用可能となります。

Googleマップがダークテーマ対応

Googleマップがダークテーマに対応します。地図表示も黒地のものになるようですね。これはGoogleマップの設定テーマから変更できます。

Android Autoでより快適なドライブ

Android Autoもアップデートされ、壁紙をカスタムできるようになります。また、「Hey Google, play a game」で雑学ゲームなど、音声起動ゲームを楽しむことも可能に。

また、起動画面でショートカットを搭載。これは連絡先への便利なアクセスを提供し、アシスタントを使用して、電話の場合と同じように、車のディスプレイのアイコンをタップするだけで、天気の確認やサーモスタットのリモート調整などのタスクを完了することもできます。

広い画面を搭載してる場合には、Googleマップとメディアコントロールの分割画面も可能。また、家族や友人が一緒に乗車する場合は、プライバシー画面を設定して、AndroidAutoが車のディスプレイに表示されるタイミングを制御できるようになりました。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします