モバイルSuicaが3月21日リニューアル!モバイルPASMOとの使い分けも可能に

JR東日本は2月10日、モバイルSuicaを3月21日にリニューアルすると発表しました。特にAndroid版アプリでは『おサイフケータイアプリ』との連携によりモバイルPASMOとの使い分けが可能になるなど、様々な利便性が向上します。

また、これに伴う準備のため3月20日(土)午前11時頃より3月21日(日)午前7時頃までサービスが一時停止されます。この時間帯はアプリからのチャージができなくなるなどあるので、ご注意を。

モバイルSuicaがリニューアル

モバイルSuicaは、特にAndroid版のアプリはガラケー時代からUIもほとんど変わっておらず、2017年にリニューアルしたときも主にトップページが変わっただけでした。それが今回のリニューアルでは『おサイフケータイアプリ』と連携するようになり、様々な機能が使えるようになります。

リニューアル項目 Andoroid iOS/watchOS
複数枚のSuicaが発行可能に 対応済み
定期券購入時の経路表示を改善
タッチでGO!新幹線の利用開始登録ができるように
Google Payによる決済が可能に
異なるOSの端末へ、Suicaの移行が可能に 対応済み
お知らせ機能が充実(プッシュ通知、バナー対応)

リニューアル後のアプリは、『おサイフケータイアプリ』(2021年2月9日以降のバージョン)との連携が必要となります。これにより、以下のサービス・機能が実現されます。

  1. モバイルSuicaとモバイルPASMOを、同じ端末で使い分けできるように
  2. モバイルSuicaを設定した端末の変更は『おサイフケータイアプリ』で 簡単に
  3. iOS端末(Apple PayのSuica)からAndroid端末への変更も可能に

リニューアルのためにサービス一時停止

リニューアルと新しいサービスの準備のため、以下の日時にモバイルSuicaのサービスが一時停止となります。

サービス一時停止:
2021年3月20日(土)午前11時頃~3月21日(日) 午前7時頃まで

この時間はログインが必要となるサービスが利用できなくなります。アプリからの入金(チャージ)もできなくなるので、この日に使う予定がある場合は、事前にチャージしておくようにしましょう。

システムメンテナンス中も利用可能な主なサービス
  • 入金(チャージ)済みのSF(電子マネー)残高の利用
  • 現金チャージ、設定済みのオートチャージ、コンビニチャージ、ATMチャージ等の利用
  • 購入済みの定期券、グリーン券の利用
  • 既に登録済みの連携サービス(タッチでGo! 新幹線、新幹線eチケットサービス等)の利用
システムメンテナンス中に利用できない主なサービス
  • アプリからの入金(チャージ)、JRE POINTからの入金(チャージ)
  • 定期券、グリーン券の購入や払いもどし
  • 機種変更、再発行登録、退会等のお手続き
  • 会員メニューサイト(PC)でのお手続き
  • 連携サービス(タッチでGo! 新幹線、新幹線eチケットサービス等)の申込み、登録等

また、リニューアル後はモバイルSuicaのアプリもアップデートが必要となります。

その他、詳しくはJR東日本は東日本の公式サイトをご覧ください。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧