ワイモバイル、スマホプランで2年縛り中の私は新プランに移行するべきか?

大手キャリアの20GBプランの発表や格安SIMのプランリニューアルなど、2021年春の大改定が進んでいます。様々なプランが出て、その情報を記事にもしてきましたが、そういえば自分自身の契約プランについて考えることを忘れていました。

私は1年と少し前にワイモバイルの「スマホプランS」をMNPで契約しました。現行のスマホベーシックプランの1つ前のプランです。さて、このスマホプランのままでいいのか、それとも新しい「シンプルS」にプラン移行したほうがいいのか、少し考えてみることにします。

現状のワイモバイル契約

私がワイモバイルを契約したのは2019年9月です。現行のスマホベーシックプランが始まる直前に駆け込み契約しました。なぜならそれでお得になるキャンペーンがあったからです。

ちなみに、この時のスマホプランは以下のような特徴がありました。

  • 月額料金は2,980円
  • ワンキュッパ割で1年間は1,980円
  • データ容量は2年間3GBでそれ以降は2GB
  • 1回10分以内の通話は無料
  • 2年縛りあり(解除料9,500円)
  • SIM単体契約特別割引で24ヶ月間400円引き
  • MNPだと料金から1万円まで値引き

主に最後の2つのキャンペーン特典が魅力でした。それに比べると今の現行プラン最後のキャンペーンは最大2ヶ月月額無料なので魅力が少ないですね。

契約から1年と少し経った今、24ヶ月400円引きとデータ容量1GB増量の特典が生きていて、3GBで月額料金2,580円(税込2,838円)です。(ユニバーサルサービス料は除く。以下もユニバーサルサービス料については含まないで考えます。)新プランがいろいろ出てきた今見ると、なかなか高いですね。

新料金プラン「シンプルS/M/L」と比較

改めて、ワイモバイルの新プラン「シンプル」について軽くまとめます。

シンプルS シンプルM シンプルL
高速データ通信容量 3GB 15GB 25GB
超過時の通信速度 最大300kbps 最大1Mbps 最大1Mbps
通話料 22円/30秒
基本使用料 2,178円 3,278円 4,158円
おうち割 光セット(A)
または家族割引サービス
(2回線目以降)
-1,188円
割引時の月額利用料金 990円 2,090円 2,970円

私が契約するとなるとシンプルSで、おうち割や家族割は無しです。
今契約してるスマホプランSと比べてみます。

スマホプランS シンプルS
高速データ通信容量 2GB
(2021年9月までは3GB)
3GB
超過時の通信速度 最大128kbps 最大300kbps
通話料 22円/30秒
(10分以内かけ放題)
22円/30秒
基本使用料 3,278円
(2021年9月までは2,838円)
2,178円

スマホプランSからシンプルSにプラン変更すると、データ容量はキャンペーン特典無しで3GBになり、超過時の速度は128kbps→300kbpsにアップし、月額料金は2021年9月までは660円、その後は1,100円安くなり、10分かけ放題がなくなります。(あくまで私の場合、です。)

スマホプランSは2年縛りあり

どうせ電話なんてほとんどしないんだし、これだけ良くなるのならさっさとプラン変更してしまえばいいではないか、と思うのですが、1つ問題があります。スマホプランSは2年縛りがあり、2年以内のプラン変更でも解除料9,500円(税込10,450円)がかかるのです。

単純計算ですが、2021年9月までスマホプランSで、10月からシンプルSにした場合は3月からの7ヶ月間で19,866円です。すぐにシンプルSに変えた場合は3月からの7ヶ月間で15,246円+解除料10,450円で25,696円です。あら、高くなってしまいました…。

機種変更を伴うプラン変更なら解除料なし

スマホプランSは2年縛りがありますが、抜け道として「機種変更を伴うプラン変更なら解除料はかからない」というものがあります。これを使えば、すぐにシンプルSに変更できます。

ただ…ワイモバイルは私にとって魅力ある端末が微妙にないんですよね…。端末の魅力と価格を考慮した上で、です。OPPO Reno3 Aは悪くないと思いますし安いんですが、一度レビュー用にお借りしたので、それを改めて購入するのはなんだか気が乗らないのですよね。

あとはXperia 10 IIが候補かな、と思うのですが、うーん、微妙に高い…。ちなみにワイモバイルオンラインストアで機種変更購入した場合、OPPO Reno3 Aは19,440円、Xperia 10 IIは39,600円です。

…微妙に悪いこと考えると、機種変更でプラン変更して、購入したスマホは売り払うという手もあります。

ラクマで見てみると、OPPO Reno3 Aは21,000円~23,500円ほどで売れてるようです。ラクマは手数料が6%なので販売価格21,000円として手数料が1,260円、送料が60サイズで700円、合計19,040円。あら、だいたい購入額くらいになるんですね。

Xperia 10 IIはドコモ版が3万数千円で出されてますが、あまり購入されてませんね。

まとめ:もうちょっと考えます

オンラインストアでOPPO Reno3 Aを購入し、それを売ってしまえば、解除料無しでほぼそのまま新プランに移行できそうです。OPPO Reno3 Aが売れれば。

うーん…。

2年縛りの終わる2021年9月までスマホプランを継続した場合との差額は660円×7ヶ月で4,620円。お金だけ考えるとこれが良さそうです。しかし、私が手元に来たスマホをそのまま売れるかどうか…。そしてその手間をかけられるかどうか…。

うーん…。

ワイモバイルの新プラン「シンプルS/M/L」が始まるのは2月18日です。もうあまり時間はありませんが、もう少し考えてみます。

Y!mobile
公式サイトはこちら >

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧