Ankerのモバイルバッテリー搭載USB充電器PowerCore Fusionに容量2倍の最上位モデルが登場!

Ankerは1月26日、モバイルバッテリー搭載のUSB充電器「PowerCore Fusion 10000」およびスリムなモバイルバッテリー「PowerCore Slim 10000」を販売開始しました。初回限定で20%オフとなっています。早くも終了しました。

モバイルバッテリー搭載USB充電器PowerCore Fusion 10000

PowerCore Fusion 10000はモバイルバッテリー搭載のUSB充電器です。コンセントプラグ一体型で、そのままさせばUSB充電器として使え、外してもモバイルバッテリーとして使える2in1なアイテムです。

PowerCore Fusionはこれまで5000mAhの物があってかなりの人気でしたが、もう少し容量の大きな物が欲しいと言われていました。今回のPowerCore Fusion 10000は容量が9700mAhとだいたい2倍になっています。PDにも対応し、最大20Wで充電できます。

製品の仕様
サイズ:約82 × 82 × 35mm
重さ:約278g
入力:100-240V 0.7A 50 – 60Hz
USB-A 出力:5V=2.4A
USB-C 出力:5V=3A / 9V=2.22A
合計最大出力:
・20W (USB-Cポート単体充電時)
・15W (2ポート同時充電時)
容量:9700mAh

スリムなモバイルバッテリーPowerCore Slim 10000

PowerCore Slim 10000は厚さ15mmで平べったい形をした10000mAhのモバイルバッテリーです。USB-AポートとUSB-Cポートの2つを搭載し、USB-Cポート単体では最大20Wのフルスピード充電が可能です。(2ポート同時使用の場合は合計最大18Wとなります。)

低電流モードも搭載されており、イヤホン等の小型電子機器やウェアラブル機器に適切な電流で充電することができます。

主な製品仕様
サイズ:約150 x 69 x 15 mm
重さ:約212g
USB-C入力:5V=3A / 9V=2A / 15V=1.2A
USB-C出力:5V=3A / 9V=2.22A
USB-A出力:5V=2.4A
合計最大出力:
・20W (USB-Cポート単体での充電時)
・18W (2ポート同時充電時)
容量:10000mAh

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧