ahamo / SoftBank on LINE / povo オンライン専用プランを比較(今わかってる部分のみ)

ドコモのahamoアハモを皮切りに、月額2,000円台でデータ容量20GBというプラン(新ブランド)が大手3社から発表されました。いずれもオンラインでの申込み専用で似たような内容のプランということで、改めて比較してみました。

ただし、どのプランも詳細はまだ公開されてない部分もありますので、2021年1月13日現在でわかっている部分のみです。

※SoftBank on LINEはあくまでコンセプトでありブランド名などではありませんが、ここでは仮称としてこの名称を使います。

オンライン専用プランを比較

ahamoアハモ SoftBank on LINEソフトバンク オン ライン povoポヴォ
公式サイト 公式サイト 公式サイト 公式サイト
回線 ドコモ ソフトバンク au
提供時期 2021年3月
月額料金 2,980円 2,980円 2,480円
データ容量 20GB
容量追加 500円/1GB 500円/1GB 500円/1GB
200円/24時間使い放題
超過時速度 1Mbps
かけ放題 5分かけ放題込み
無制限:1000円
5分かけ放題込み
無制限:1000円
5分かけ放題:500円
無制限:1500円
通話料 20円/30秒
キャリアメール なし
テザリング
申し込み 専用サイト LINE / WEB 専用サイト
事務手数料 0円 0円 不明(おそらく0円)
その他 海外82の国々・地域で利用可能 LINEがデータフリー
eSIM対応
eSIM対応
トッピングは今後も追加予定

価格はすべて税抜

なんだかんだ言って、3社のプランは非常に似ています。auのpovoが500円安いように見えますが、5分かけ放題がオプション(トッピング)化しており、これをつければ他と同額です。

auのpovoはそういった点でオプション(トッピング)を自分で必要なものを選べる、選択の幅があるというのがポイントです。トッピングは今後も拡充していくとのことなので、将来への期待もできます。

ドコモのahamoは一番最初に出しただけあって目立つポイントがありません。海外で利用可能という点はありますが、このご時世ですしそう頻繁に海外に行くという方も以前に比べれば少ないのではないでしょうか。ただ「ドコモの回線が使える」というのが一番のポイントかも知れません。

ソフトバンクのSoftBank on LINEはLINEとの連携でLINEから申し込みができたりLINEがカウントフリーになるといった特徴があります。


オンライン専用プランだけでなく、2月にはワイモバイルとUQ mobileのサブブランドでも新プランに切り替わります。それにより格安SIMもかなりの影響を受けるので2月には各社から何らかの反応があると思います。

この2月から3月は、スマホの通信サービス業界が大きく動きます。3社のプランが(詳細はまだとしても)揃ったことで、3月に向けて自分の料金プランを見直してみた方が良いですよ。

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧