ソフトバンク、「SoftBank on LINE」の新ブランドでオンライン専用新料金プランを提供

ソフトバンクは12月22日、オンライン専用の新ブランドを立ち上げ、データ容量20GBを月額2,980円で利用できる料金サービスを2021年3月に提供開始すると発表しました。

この新ブランドは「SoftBank on LINE」をブランドコンセプトに、LINEと協議しながら実現するもので、現在MVNOサービスを展開するLINEモバイルについては、今後ソフトバンクの100%子会社化および吸収合併に向けて検討を進める予定となっています。

オンライン専用新料金サービス

新料金サービスは月額2,980円で高速データ容量は20GBと、簡単に言うとドコモのahamo対抗プランとなります。データ容量や月額料金、5分以内の国内通話無料があるのはahamoと同じですが、『LINE』アプリがデータ容量を消費せずに使い放題、そしてeSIM対応というポイントもあります。

基本使用料 2,980円
データ容量 20GB+「LINEがギガノーカウント」
データ容量超過時の通信速度 最大1Mbps
5G対応
通話料 5分以内の国内通話が何度でも無料
  • ※「LINEがギガノーカウント」の対象は、LINEトーク/LINE通話などを予定。「LINE」内で使い放題の対象外となるサービスや、技術的要因などにより使い放題の対象外となる場合があります。

新ブランドはオンライン専用で「SoftBank on LINE」(仮称)となっています。この新ブランドと、LINEモバイルの吸収合併により、現在のMVNOサービスのLINEモバイルは新ブランド開始の2021年3月に新規受付を終了します。

参考情報

OREFOLDERの最新情報をお届けします
author icon
orefolder
OREFOLDER編集長。
1979年静岡県清水市生まれ、茨城県つくば市在住。

様々な巡り合わせから、このサイト1本で生活してる氷河期世代の一人。ガジェットに限らず広く浅く様々なものに興味があります。
⇨orefolderの記事一覧